スポンサードリンク


更新日:2018/05/27

最近注目を集めている「ビットコイン」

2008年8月に始まったビットコインは、2018年5月現在で約17,012,000BTCが流通するようになり、その時価総額は約17兆円(1ドル=110円として計算)と、わずかの間に急速に発展しています。

 

このビットコインは、私たちの生活に欠くことのできないお金の仕組みを、根本から変える潜在力を持つともとして、最近注目を集めています。

 

このサイトでは、金融の専門家である行政書士が、このビットコインに関する基本的な知識についてまとめています。

 

ビットコインについて〜まとめ〜

 

ビットコインの基礎知識


ビットコインと他の暗号通過との違い


ビットコインの使い方


ビットコインのリスク


ビットコインで儲かる仕組み

ビットコイン投資「ハイプ」


ビットコイン投資「ハイプ」


ビットコインに関する疑問


世界のビットコイン状況


ビットコインについて〜コラム〜


ビットコインの基礎知識

 

ビットコインの仕組みとは
  1. ビットコインはブロックチェーンで維持される
  2. ビットコインはマイニングで発行される
  3. ユーザーの相互監視でシステムが維持される
  4. ビットコインは電子データとして存在する

ビットコインを維持する仕組みは、いずれも従来のお金の常識を覆す驚くべきものばかりです。ビットコインは、お金に関して、今までは不可能と考えられていたこと次々に実現しています。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインの運営者は誰?国や会社
  1. ビットコインは特定の運営者がいない
  2. ビットコインはネットワークで管理される
  3. ユーザによる相互監視がビットコインネットワークを支える

ビットコインには、特定の国の中央銀行(政府)や特定の会社といった運営者がおりません。ビットコインは、ユーザーのネットワークにより管理されています。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインはどんな歴史をもっているか

  1. ビットコインは2008年10月に発表されたナカモトサトシの論文からスタート
  2. ビットコインの最初の取引は2009年1月
  3. ビットコインの時価総額は2013年に約1兆3千億円、ユーザー数数百万人

ビットコインは最初の取引からわずか5年足らずの間に爆発的に発展し、現在も発展を続けていますが、このビットコインの歴史がどのようになっているかは興味深いところです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインを使う3つのメリット

  1. 個人から個人に送金できる
  2. 送金手数料が無料又は格安になる
  3. 国境による制限が存在しない

ビットコインは短期間の間に急速に普及しましたが、急速な発展が可能となった背景には、ビットコインには、他のお金にはない優れたメリットがあったことがあります。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインの4つのデメリット
  1. 通貨価値が変動する
  2. 使用できる店舗が少ない
  3. 盗難被害に遭いやすい
  4. 利用開始に手続きが必要

ビットコインは非常に優れた通貨ですが、ビットコインを正しく利用するためには、メリットだけでなく、そのデメリットもよく理解しておかなくてはなりません。

 

>>詳しくはこちら

 

日本のビットコイン取引所について

特徴. 日本には18のビットコイン取引所がある

 

注意. ビットコイン取引所はよく倒産するので、注意深く選択する必要がある

 

おすすめ. 初めての方にはビックフライヤーがお勧め

パソコンに詳しくない普通の方がビットコインを使う場合には、ビットコイン取引所に口座を設けて取引を行うのが一般的です。現在の日本では、18の利用可能なビットコイン取引所がありますが、そのそれぞれに特色があります。

 

>>詳しくはこちら

 

信頼できるビットコイン取引所・ビットフライヤーの詳細

特徴1. ビットフライヤーは日本最大の取引量を誇るビットコイン取引所
特徴2. ビットフライヤーはアカウント作成が簡単で、送金は10分以内に行われる

 

おすすめ. 初めてビットコイン取引を行うのならば安定感のあるビットフライヤーがお勧め

ビットフライヤーは取引量日本一で、日本企業が運営する、日本で最初に開設されたビットコイン取引所です。ビットフライヤーには複数の大手企業が出資しており、安定は抜群です。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインとブロックチェーン

  1. ビットコインの本体はブロックチェーンの特徴
  2. ブロックチェーンは利用者が作成する
  3. ブロックチェーンはP2Pネットワーク技術の上に成り立つ

ビットコインの様々な新しい様々な特徴的な仕組みを支えているのがブロックチェーンです。ブロックチェーンは、ビットコインの中心的な仕組みの1つで、ビットコインの理解には、ブロックチェーンの理解が不可欠です。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインとマイニングの特徴

  1. ビットコインはマイニングで発行される
  2. マイニングはブロックチェーンを繋ぐ作業のこと
  3. マイニングは誰でも行うことができる

ブロックチェーンと同様にビットコインの中核的な仕組みとなるのがこのマイニングです。マイニングによるビットコインの新規発行により、通貨の発行は中央銀行が独占するという常識が覆りました。

 

>>詳しくはこちら

 

日々変動するビットコイン相場の特徴とおすすめポイント

特徴1. ビットコイン相場は日々変動する
特徴2. 2016年のビットコイン相場は上昇基調にある

 

おすすめ. ビットコイン相場が上昇基調にある今はビットコインを始めるチャンス

ビットコイン相場は日々変動しているので、その相場の動きに日々目を光らせていなくてはなりません。2016年のビットコイン相場は全体として上昇基調なので、新しくビットコイン取引を始めるには良い機会となっています。

 

>>詳しくはこちら

 

フィンテックが生み出す新しい仮想通貨「ビットコイン」の特徴

  1. フィンテックは2008年リーマンショック以後米国で急速に発展した金融工学のこと
  2. フィンテックの代表はアップルペイとペイパル
  3. ビットコインもフィンテックの産物

フィンテックとは、2008年リーマンショック以後の米国で急速に発達した金融工学のことをいいます。ビットコインも、フィンテックによって開発された様々な技術を応用しています。

 

>>詳しくはこちら

 

全く新しい理念で動くビットリージョンの特徴と注意点

特徴1. ビットリージョンは、ビットコインを使った新しい投資方法
特徴2. ビットリージョンはねずみ講に似ているが、詐欺と断定はできない

 

注意. ビットリージョンは、数年後には驚異的に普及する可能性がある

ビットリージョンは、ビットコインを使った新しい投資方法です。そして、これには、従来の投資では考えられなかった相互支援という考え方を投資のコンセプトに取り入れています。

 

>>詳しくはこちら

 

電子メールが分かればビットコインがよく分かる

  1. 通貨とビットコイン、郵便と電子メールの関係は似ている
  2. ビットコインも電子メールも世間の常識を破った
  3. 通貨とビットコイン、郵便と電子メールは共存共栄

双方ともインタ―ネットの産物である電子メールとビットコインは、様々な点で共通しています。そこで、より身近な電子メールと比較することで、ビットコインの理解が進みます。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインと預金通貨はどこが同じでどこが違う?

共通点:預金通貨もビットコインも計算そのもので構成される
理由:デジタルデータのみの存在とはどういうことか

 

違い:現実の通貨との結びつきの強弱が預金通貨とビットコインの違い

 

ビットコインは、純粋なデジタルデータ(ブロックチェーン)のみの構成される存在だと言われますが、そのことは、より身近な預金通貨の仕組みみが分かれば、その意味がよく理解できます。

 

>>詳しくはこちら

 

為替が分かればビットコインが分かる

  • 為替の仕組みとはどういうものか
  • 為替のルーツは鎌倉時代にあり、江戸時代から盛んに行われていた
  • ビットコインも為替技術を応用している

 

江戸時代から盛んに行われていた為替の仕組みは、ビットコインの根本的な仕組みの一部分を構成します。従って、ビットコインの理解には為替の理解が必須です。

 

>>詳しくはこちら

 

インフレーション対策として有効なビットコイン

  • ビットコインはインフレーション対策として有効
  • インフレーションとは何か
  • インフレーションはなぜ起こるか

 

ビットコインが躍進した背景の1つには、政府が管理する通貨に対する不安感や不信感がありますが、その大きな原因となっているのが、政府が紙幣を刷りすぎて起こすインフレーションです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインと国債のデフォルト

  • 国債のデフォルト対策として、ビットコインは有効
  • 国債のデフォルトとは一体どういうものか
  • 世界中で度々起こる国債デフォルト

 

ビットコインが躍進した背景の1つには、政府が管理する通貨に対する不安感や不信感がありますが、その大きな原因となっているのが、政府が国債のデフォルト(債務不履行)をたびたび起こすことです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビッビットコインが政府による通貨の独占状態を崩す

理由1.ビットコインは通貨の世界に競争原理を導入した
理由2.ビットコインは政府がインフレを起こしたいという誘惑を抑える役割を果たす
理由3.ビットコインも厳しい競争にさらされている

 

ビットコインが普及することで、政府による通貨の独占を崩し、政府がインフレや国債価格の下落を通じて国民の財産の一部をかすめ取ることを役割を果たします。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイナーの間ではGOXする言葉が使われている

  • ゴックスの語源は、ビットコイン取引所Mt.Goxの破たん事件

ポイント1.ビットコイン取引所が度々GOXすることは必ず覚える
ポイント2.GOXの危険を避けるためには、ビットコインを取引所に預けない

 

ビットコインナーの間では、GOXするという言葉が流行っています。では、このGOXすると言う言葉には、どんな意味があるのでしょうか。解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

スマートコントラクトで仮想通貨の市場規模は一挙に拡大

結論1.スマートコントラクトとはブロックチェーンによる契約の管理
結論2.スマートコントラクトによって超自動化社会が出現する
結論3.スマートコントラクトを実現する目的で作成されたイサーリアムは有望

 

スマートコントラクトは、契約の自動化とか、プログラム型契約などと訳されますが、端的に言うと、売買契約などの契約そのものを、ビットコインなどで利用されているブロックチェーンの技術を用いて管理することです。

 

スマートコントラクトが活発化すれば、仮想通貨の市場規模は一気に拡大すると言われています。

 

>>詳しくはこちら

ビットコインと他の暗号通貨の違い

ビットコインの使い方について

 

いろいろなビットコインの使い方
  1. ビットコインは商品やサービスを購入することに使える
  2. ビットコインは、貯金(蓄財手段)として使える
  3. ビットコインは、投資の対象として使える

ビットコインは、それで商品を買ったり、貯金したり、投資を行なったりと、様々な使い方が可能です。そのいずれの使い方についても、ビットコインらしい斬新な機能が利用できます。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインで決済する方法
  1. ビットコインで決済するにはビットコイン取引所に口座開設
  2. 電子商取引サイトでの使用は、簡単なパソコン操作のみ
  3. 店舗での使用は、デジタル端末からスマホなどにQRコードを読み込ませる

ビットコインによる決済は、ビットコイン取引所にビットコイン口座を設けたうえでビットコインを購入すれば、後は、普通の電子マネーと同じように、簡単な手続きですみます。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイン投資で成功するポイント
  1. ビットコイン投資の基本は安く買って高く売る
  2. ビットコインは投資の優良物件である
  3. ビットコインチャートで相場の動きを予測することが肝要

ビットコイン相場は、比較的新しい相場なので、まだまだ大きな投資チャンスが眠っています。ビットコイン投資で成功するためには、チャート分析を覚えることが是非とも必要です。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインチャートを学んで投資で成功する方法と注意点
  1. ビットコインチャートは、日々のビットコインの値動きからローソクを作る
  2. ローソクを1日ごとに並べ、その並び方から将来の相場を予測する

 

注意. ビットコイン相場は、ビットコイン交換所ごとに異なるので注意!

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインを使うならレートから目が離せない!特徴は?
  1. ビットコインのレートは2016年11月29日現在で約1BTC=85,000円程度
  2. ビットコイン相場は取引所ごとに異なり、売値と買値がある
  3. ビットコイン投資を行うには、様々な価額の分析が必要

ビットコインレートは、日々変動し、2016年11月29日現在で1BTC=約85,000円となっています。ビットコイン取引を行うには、様々な相場値を把握する必要があります。

 

>>詳しくはこちら

 

売り板・買い板を覚えてビットコイン投資を行なおう

ポイント1.ビットコイン投資を行う際には、売り板・買い板の理解が必須
ポイント2.売り板が厚いと価格が下がり、買い板が厚いと価格が上がる

 

注意.売り板・買い板(板情報)を完全に信じ切るのはかえって危険

 

ビットコイン投資を行う場合に、売り板・買い板(板情報)から将来のビットコイン相場の動きを予測できるようになっておくことは、非常に大切なことです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインのセキュリティレベルを確認する方法
  • ビットコイン取引所のセキュリティレベルを確認するポイント
  • セキュリティ・レベルの高い取引所を選ぶコツ
  • セキュリティ・レベルの高い個人用ビットコイン・ウォレットを選ぶコツ

 

ビットコインに関するセキュリティレベルを調べるには、運営主体が公開しているサイトを使って、@コールド・ウォレットAマルチシグネチャB二段階認証ログインC取引承認回数Dハッシュ・アルゴリズムの各項目を確認します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイン・ウォレットのおすすめアプリ
  • ディスクトップ・ウォレットのおすすめアプリはElectrumMultbit
  • オンライン・ウォレットのおすすめアプリはBlockchine.infoCoinbace
  • オフライン・ウォレットのおすすめアプリはTrezorLederNano

 

ビットコイン・ウォレットを利用するためには、パソコンやスマホにそのアプリをダウンロードする必要がありますが、それにはどんなアプリがおすすめでしょうか。以下で解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

知っておきたいビットコイン投資の7つのポイント
  • ビットコイン投資の標準利回りについて知ろう
  • 損失を最小限に抑えるための投資方法を活用しよう
  • 仮想通貨交換業者を利用しよう

 

ビットコイン投資詐欺を防ぐためには、ビットコインやビット投資についてよく理解することが重要です。

 

例えば、ビットコイン投資で普通に成立する標準的な金利の水準を知るだけでも、高すぎる金利を謳う業者が詐欺まがいであることがよく理解できます。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨イーサリアムを活用した新しい音楽サービスについて
  1. Ujo musicは仮想通貨イーサリアムを活用した新しい音楽配信システム 
  2. Ujo musicによって、音楽アーティストとユーザーは大きな利益を受ける
  3. Ujo musicが採用しているスマートコントラクト技術が社会を大きく変革する

 

Ujo musicは、仮想通貨イーサリアム利用した新しい音楽配信サービスです。

 

Ujo musicには、ビットコインでおなじみのブロックチェーンの技術を、売買契約にも応用したスマートコントラクトという技術が応用されています。

 

Ujo musicが普及すれば、音楽業界は大きく変わる可能性があります。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインが分裂し、ビットコイン・キャッシュが誕生!
  • 2017年8月2日、ビットコインからビットコイン・キャッシュが誕生した
  • ビットコイン・キャッシュは、中国の大手マイナーグループが創設した
  • ビットコイン・キャッシュの公開直後の動きは非常に鈍い

 

2017年8月、取引量の増大に対処するため、ビットコインの規格変更が行われましたが、その規格変更に反対する中国の大手マイナーグループがビットコインの取引記録をコピーすることによって、

 

ビットコイン・キャッシュを誕生させました。では、このビットコイン・キャッシュとは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨を使った新しい音楽サービスPeertracksについて
  1. Peertracksは、仮想通貨を使った音楽業界の新しい仕組み
  2. Peertracksの普及で、アーティストが音楽会社に支払う手数料は激減する
  3. Peertracksの普及で、アーティストが著作権団体に支払う手数料は激減する

 

ビットコインで確立したブロックチェーンの技術を応用した、新しい音楽販売サービス「Peertracks」は、音楽会社や著作権管理団体などを介さずに、

 

アーティストとユーザーが直接音楽のやり取りをする仕組みを構築することで、今までの音楽業界を一変させる可能性のある注目すべきものです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインによるクラウドファンディングについて
  1. ビットコインの活用でクラウドファンディングがより便利に
  2. 安価に送金できるビットコインのメリットが最大限発揮される
  3. サポーターの寄附意欲を阻害しないビットコイン

 

クラウドファンディングは、最近注目を集める資金調達方法です。

 

そして、このクラウドファンディングを、ビットコインを利用して行えば、ビットコインの送金手数料が安いというメリットが最大限発揮され、クラウドファンディングがよりスムーズに行えるようになります。

 

>>詳しくはこちら

ビットコインのリスクについて

 

ビットコインの7つの特徴とそのリスク

No.

特徴

リスク

1

通貨価値が変動する 相場が下がると損をする

2

利用範囲が限定されている 買いたいものが買えない

3

サイバー攻撃に弱い 突然ビットコインが消える

4

国家の介入がない; 詐欺被害に遭っても救済措置がない

5

流通総量に上限がある 市場が衰退しても打つ手なし

6

相場が市場に一任されている 大暴落する可能性

7

採掘によってのみ発行される 発行量の予測不可能

ビットコインには、他の通貨にはない様々な特徴がありますが、その特徴ゆえに、ビットコインがリスクを抱えることもあります。ビットコインの特徴とそのリスクを抱えることは、ビットコインを使うにあたって、よく把握しておかなくてはなりません。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインのパスワード忘れや紛失に注意したい3つのポイント
  1. ビットコイン・ウオレット用のパスワードの再発行は不可能
  2. ビットコイン取引所のアカウント用パスワードの再発行は可能
  3. ビットコイン用のパスワードは絶対他人に知られてはならない

ビットコインを保管したウォレットやビットコイン取引所にアクセスする場合には、パスワードが不可欠です。このパスワードを紛失した場合の対応は、ウォレットと取引所では異なります。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインのデータが突然消える恐怖

特徴. ビットコインのデータが消えるのはほとんどがハッキング

 

注意1. ハッキングを防ぐには、パスワードの厳重な管理が必要
注意2. 信頼のおけるビットコイン取引所を選ぶことも大切

ある日、突然、ビットコイン残高が0になるようなことは、ほとんどの場合ハッキングが原因です。ビットコインには常にハッキングの危険が伴いますから、その対策は非常に重要です。

 

>>詳しくはこちら

 

強烈なビットコインに対するサイバー攻撃の特徴
  1. ビットコインに対するサイバー攻撃のほとんどはハッキング
  2. ビットコイン取引所がハッカー被害に遭うとその被害は莫大な金額になる
  3. サイバー攻撃で不正マイニングや取引データの改ざんを行うことは不可能

ビットコインに対するサイバー攻撃のほとんどはハッキングによるビットコインの不正引き出しです。サイバー攻撃で、不正マイニングや取引データ改ざんが行われることはほとんどありません。

 

>>詳しくはこちら

 

非常に薄いビットコインの犯罪被害の保証について
  1. 2016年11月事業者向けビットコイン犯罪被害保険サービス提供開始
  2. ビットコインの犯罪被害者を救済する法律は現在の日本にはなし
  3. ビットココイン個人ユーザーはビットコイン犯罪被害に対して無保証・無保険

銀行預金に関するペイオフ制度のようなものは、ビットコインにはありません。最近、ようやく、事業者向けに、ビットコイン犯罪被害に対する保険サービスの提供が始まったばかりです。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインと資金洗浄
  • 犯罪で得たお金をビットコインで保管していれば警察に没収されない
  • 犯罪で得た資金の出所を隠匿するのがマネーロンダリング
  • ビットコイン・ウォレットの匿名性をなくすることは非常に難しい

 

ビットコインは匿名で取引できるため、犯罪者の資金隠しである資金洗浄によく利用されます。

 

規制当局は、ビットコインの匿名性をなくすような対策を検討していますが、ビットコインの匿名性を強化するアプリが開発されるなど、当局による対策は難航しています。

 

>>詳しくはこちら

 

「必ず儲かる」は信じてはいけない!仮装通貨トラブル2年で3倍超に
  • 仮想通貨詐欺の多くは、従来からある投資詐欺のネタに仮想通貨を使っている
  • 投資詐欺のネタに使いやすいビットコイン(仮想通貨)
  • 仮想通貨投資詐欺を防止するには、その仕組みをよくすること

 

ビットコイン等の仮想通貨に関する投資をネタにした詐欺が急増しています。

 

投資話に詐欺はつきもので、投資がある限り、必ず一定数の詐欺事件は起こるのですが、正しい仮想通貨に関する知識を身に付けることで、投資詐欺はある程度防止することができます。

 

>>詳しくはこちら

ビットコインで儲かる仕組みについて

 

ビットリージョンは詐欺?実際に儲かるのか仕組みを徹底検証
  • ビットリージョンの配当、元本回収期間、利益率は常識外の水準である
  • ビットリージョンの歴史は浅く、運営者もはっきりしないので、見極めはこれから
  • ビットリージョン投資の前に、ねずみ講やマルチレベルマーケティングの問題点を理解しよう

 

ビットリージョンの配当や利益率、元本回収期の水準は常識外に優れたものとなっています。しかし、ビットリージョンは歴史が浅く、運営者もはっきりしないので、これをにわかに信じるわけにもいきません。

 

そこで、従来からある投資話と比較しながら、ビットリージョンが本当に儲かるのかについて、徹底検証します。

 

>>詳しくはこちら

 

D9Clubは詐欺?実際に儲かるのか仕組みを徹底検証
  • D9Clubには、スポーツくじという集めた資金の運用先がある
  • D9Clubは、運営主体が実在の会社でHPで公開されている

注意.D9Clubは、詐欺である可能性は低いが超高利を謳っているので要注意

 

D9Clubは、スポーツくじへの投資会社であるD9が運営するオンラインスクールですが、それと並行して、ビットコインなどを活用した会員制の投資団体でもあります。

 

以下では、このD9Clubの利回り、元本回収期間、歴史、運営者などを徹底検証し、安心して投資できる対象かどうかについて解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ASIABITSは詐欺か?実際に儲かるのか仕組みを徹底検証
  • ASIABITSは、集めた資金の運用方法について公開していない
  • ASIABITSの運営者が公開されていない(匿名となっている)
  • ASIABITSは、詐欺である可能性が否定できない

 

ASIABITSは、2016年12月に日本に上陸した、非常に新しい、ビットコインを活用した、会員制の投資グループです。

 

そこで、以下では、このASIABITSの利子、満期、運営者、歴史などを徹底検証し、安心して投資できる対象かどうかについて解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

SunriseBitcoinは詐欺か?実際に儲かるのか仕組みを徹底検証
  • SunriseBitcoinは、運営者がどこの誰であるかが全く分からない
  • SunriseBitcoin高収益を謳っている割には、どうやってその原資を獲得するか明らかでない
  • 匿名性が多難く、集めた資金の運用方法が不明なSunriseBitcoinは詐欺話である可能性が高い

 

SunriseBitcoinは、2016年末から2017年の初めにかけて日本に上陸した非常に新しいビットコイン投資サイトです。

 

以下では、このSunriseBitcoinの利率、満期、運営者、歴史、儲かる仕組等を検証し、安心して投資できる対象かどうかについて解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットクラブは詐欺か?実際に儲かるのか仕組みを徹底検証
  • ビットクラブの運営者は、積極的に自分たちの情報を公開している
  • ビットクラブは、マイニングプールへの出資及び運用という投資スキームが明確
  • ビットクラブは、健全な投資話である確率が高い

 

ビットクラブは、2014年9月に設立されたビットクラブネットワークが運営する、新しいタイプの投資グループです。

 

そこで、以下では、ビットクラブの配当利回り、元本回収期間、運営者、歴史について検証し、ビットクラブに安心して投資ができるかどうかについて解説します。

 

>>詳しくはこちら

ビットコイン投資「ハイプ」について

ビットコイン投資「ハイプ」の種類と利率
  • ビットコイン投資「ハイプ」は収益モデルによって様々な種類がある
  • ビットコイン投資の1年の平均利率(利回り)が7%程度であるのに、ハイプの利率はその数十倍ある
  • 常識外の高率配当を実現する方法は、新規会員を次々獲得しその入会金や初回等資金を配当にまわすもの

 

日本は、高リターンのビットコイン投資に対する関心が非常に高い国です。しかし、この高リターンのビットコイン投資話には、確実に、相当数の詐欺話が紛れ込んでいます。

 

そこで、以下では、ビットコイン投資の種類を纏めるとともに、ビットコイン投資詐欺に引っかからないようにするための必要な情報を解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイン投資(ハイプ)のとリスクと詐欺に引っかからない方法
  • ハイプでは、投資したビットコインをすべて失うリスクとは常に隣り合わせ
  • ハイプ詐欺を見抜くには、高率の配当金が支払われる仕組みを徹底分析する
  • ハイプが大好きな日本人はハイプ詐欺に狙われる
  • 送金したビットコインが戻ってこないビットコイン投資泥棒サイト
  • ハイプ詐欺をカモフラージュする方法を覚えよう

 

 

日本は、高リターンのビットコイン投資「ハイプ」に対する関心が非常に高い国です。しかし、このハイプには、確実に、相当数の詐欺話が紛れ込んでいます。

 

そこで、以下では、ハイプに関わるリスクとその投資詐欺に引っかからないようにするための必要な情報を提供します。

 

>>詳しくはこちら

 

最新ビットコイン投資「ハイプ」で飛んだ銘柄
  • 「クルードマイナービズ」は公開後約2か月でサイト利用停止となった
  • 「クルードマイナービズ」の石油採掘権投資は偽の収益モデルだ
  • 収益モデルのないハイプは必ず崩壊する
  • 負けた人の損失で勝った人の配当金を支払う仕組みは、ハイプも競馬で同じ

 

ハイプが日本に上陸(2016年末頃)してまだ日が浅いですが、早くも、サイト利用停止(飛んだ)となったハイプが出現しています。

 

そこで、以下では、その飛んだハイプについて解説し、ハイプが早期に飛ぶ理由について解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインHYIPとギャンブル
  • ビットコインHYIPは、ギャンブルだと思ったほうが良い
  • ビットコインHIYPはいつ飛ぶか分からない
  • チキンレースが分かればビットコインHYIPがよくわかる

 

ビットコインHYIPは、間違っても、まともな投資だと思ってはいけません。ビットコインHYIPは、投資というよりも、競馬やパチンコなどのギャンブルだと考えた方が安全です。

 

小遣い稼ぎならよいですが、これで生活しようと思ったら大変なことになります。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインHYIPと分散投資
  • 卵の入ったバスケットを小分けして運ぶのが分散投資の基本
  • ビットコインHYIPには分散投資の活用が不可欠
  • 日利1%のHYIPと日利3%以上のHYIPを組み合わせるとよい

 

高い金利を謳うビットコインHYIPは、短期間で消滅する傾向があり、それに投資する場合には大変なリスクを伴います。そこで、分散投資を行って、そのリスクを軽減する必要があります。

 

>>詳しくはこちら

 

日利3%のビットコインHYIPは危険!?
  • 日利3%以上のHYIPは、短期間でサイト取引停止になりやすい
  • 1年以上継続しているビットリージョンの金利は日利1%
  • ビットコインHYIPの金利が日利表示なのは短期間を前提としているから

 

ビットコインHYIPは普通の預金や株式投資等と比較して、非常に高い金利を謳っていますが、その中でも、日利3%以上の高金利を謳っているものは、短期間でサイトアクセス中止になる可能性が高いので、注意が必要です。

 

>>詳しくはこちら

 

2017年初頭に登場したHYIPのほとんどは飛んだ

結論1.2017年初頭に日本に初公開されたビットコインHYIPの大半は消滅している
結論2.消滅したビットコインHYIPの大半は、計画的な詐欺である疑いが濃厚
結論3.ビットコインHYIPで健全だったのはビットリージョンのみ

 

2017年初頭には、多数のビットコインHYIPが日本に上陸してきました。しかし、その大半は、1か月〜3か月程度で消滅した詐欺サイトでした。

 

現在、日本でまともに運用されているビットコインHYIPは、その草分け的な存在であるビットリージョンのみとなっています。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインとICOについて

新規仮想通貨公開(ICO)とは何か
  • ICOとは取引所に公開される前の仮想通貨を売って資金を得ること
  • ICOは、上場前の株式を売って資金を得る新規株式公開(IPO)の仮想通貨版
  • ICOには、投資詐欺が多いので注意が必要

 

新規仮想通貨公開(ICO)は、新規株式公開(IPO)の仮想通貨版です。

 

IPOは、株式会社が事業資金を獲得する方法の1つとして有名ですが、ICOも、対称が株式ではなく仮想通貨であるという相違点はありますが、基本的な仕組みはIPOと同じです。

 

ただし、ICOには投資詐欺が多いので、気をつけなくてはなりません。

 

>>詳しくはこちら

 

たった4分で1億円を調達!ICOの驚異的な集金力
  • ソーシャルメディア「ALSI」が行ったICOが4分間で1億円を集める
  • アメリカの「バンコール」が行ったICOは、数時間で約160億円を集める
  • ICOはパソコン1台あれば誰もが参加できるので、資金が集まりやすい

 

ICOとは、公開前の仮想通貨を購入希望者に販売して資金を集める資金調達方法ですが、短時間に莫大な資金を調達するという成功事例が続発しているために、

 

新しい資金調達方法として、非常に注目されています。もしかしたら、従来の企業への投資のあり方を根本から変えるきっかけになるかもしれません。

 

>>詳しくはこちら

 

ICOで投資を行う場合の注意点とは!?どんな点に気を付けるべきか
  1. ICOで資金調達を行う運営者のプロジェクトの50%以上は単なる机上の空論
  2. ICO投資が成功するかどうかは、ひとえにプロジェクトの良否にかかっている
  3. ICOに投資を行う場合には、運営者の公表するプロジェクトの詳細な検討が必要

 

ICOで資金調達を行う運営者の発表しているプロジェクト(事業計画)の50%以上は、単なる机上の空論で、ウェブ上で、何らのアクションを行っていないものです。

 

そのような机上の空論のプロジェクトに投資を行うことは、詐欺被害に遭う可能性を著しく高め、非常に危険です。

 

>>詳しくはこちら

 

ICO市場は急速に成長している!数分で億単位の資金が集まる不思議

結論@2017年に入り、ICO市場は急速な成長を遂げている
結論AICOが短時間に多額の資金を調達できるのは、仮想通貨を活用しているから
結論BICOとは具体的にはどんな資金調達方法なのか

 

仮想通貨を活用した資金調達方法であるICO(Initial Coin Offring:イニシャル・コイン・オファリング)は、短時間に多額の資金を容易に獲得できる方法として、

 

IT企業を中心として、全世界に広まりつつあります。株式市場と比較してICO市場の規模はまだまだ小さいですが、今後、ICOは、株式市場のあり方を大きく変える可能性があります。

 

>>詳しくはこちら

 

世界初の飲食店ICO!ベルギー・ビール専門店サンタヌールの挑戦
  • サンタヌールは、東京進出の資金を仮想通貨イサーリアムで募集する
  • サンタヌールは、出資されたイサーリアムに対して独自のトークンSATを交付する
  • 独自のトークンSATは、サンタヌールの決済で使用できるほか、様々な特典が付く

 

名古屋のベルギー・ビール専門店「サンタヌール」が行う仮想通貨「イサーリアム」と独自のトークン「SAT」を利用したICOは、

 

飲食店などの小規模な事業者が行うICOのパイオニア的な事例として非常に注目されます。「サンタヌール」が成功すれば、小規模な飲食店などにも、ICOが普及する可能性があります。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨を活用した「ALIS」のICOの試みがWEBメディア業界を変える!
  • 「ALIS」は仮想通貨やブロックチェーンを活用した新しいソーシャルメディア
  • 「ALIS」に投稿した記事の報酬は「ALISトークン」で支払われる
  • 「ALIS」により公正な報酬システムが実現できれば、WEBメディア業界は変わる

 

ソーシャルメディア「ALIS」は、「ALIS」に投稿した記事に対する報酬を「ALISトークン」という独自の仮想通貨で支払います。

 

取引記録を改ざんすることが困難なブロックチェーンを活用するので、高い評価を受ける記事を書いた人が高い報酬を受けることができる公正な報酬システムの実現が可能となります。

 

>>詳しくはこちら

 

たった1分で40億円を集めたブレイブのICOとはどんなものか

結論@ブレイブが行ったICO(新規仮想通貨公開)は驚異的な資金調達を行った
結論Aブレイブは、WEB公告の収入を関係者で分配する新しいシステム
結論BブロックチェーンとICOを活用したブレイブはWEB広告業界に大きな影響

 

WEBブラウザ「Brave(ブレイブ)」のプロジェクトは、独自のトークン(仮想通貨の一種)BTAを使ったICO(新規仮想通貨公開)で、瞬時に大量の資金を調達しました。

 

ブロックチェーン技術を活用したブレイブは、今後、WEB広告業界を大きく変えていく可能性を秘めています。

 

>>詳しくはこちら

 

デジタル広告を効率化する仮想通貨BATとはどんなものか

結論@BTAは、詐欺やマルウェアにあふれるデジタル広告市場の変革を目指している
結論ABATは、ブロックチェーンを活用して透明で公平なデジタル広告市場を作る
結論Bブロックチェーン技術を活用した市場の再編成は、あらゆる分野で起こっている

 

改ざんが不可能だというブロックチェーン技術を応用して、透明性が高く、公正なデジタル広告市場を作ろうとする動きが始まっています。

 

その中で、仮想通貨であるBTAが、非常に重要な役割を担います。この動きは、あらゆる業界に飛び火していますので、今後、世の中に大きな影響を与えていくようになっていくかもしれません。

 

>>詳しくはこちら

 

ICO支援サービス「COMSA」とはどんなものか
  • 「COMSA」は企業のIOCの実施をサポートするサービス
  • 「COMSA」を利用すれば、仮想通貨に疎い企業もIOCで資金調達ができる
  • 「COMSA」によって、日本初の上場企業のIOCが実施される

 

ビットコインに代表される仮想通貨の普及に伴い、世界中で様々な仮想通貨関連サービスが生まれていますが、「COMSA」もその1つです。

 

「COMSA」は、企業が仮想通貨を販売して事業資金を獲得するICOを支援するサービスを提供します。

 

>>詳しくはこちら

 

中国政府、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達の禁止を発表
  • 中国でもICOは活発に実施され、2017年に400億円近い資金が調達されていた
  • 中国政府は、ICOを金融詐欺やマルチ商法の一種と判断した
  • 中国でのICOの禁止を受け、中国企業のICOは中国国外で行われるようになる

 

中国人民銀行は、2017年9月4日に、中国国内で活発化していたICO(新規仮想通貨公開)による資金調達を禁止すると発表しました。

 

この発表を受け、今後、中国企業が中国国外でICOを行うようになることが予測されます。

 

>>詳しくはこちら

ビットコインに関する疑問

 

ビットコインに消費税はかかるのか

 

  1. 現在はビットコイン取引に消費税は課税されている
  2. 2017年春から、ビットコイン取引に消費税は課税されなくなる予定
  3. ビットコインに係る消費税を税務署に納めるのは事業者

 

普通の商品を買うと、消費税を支払う必要があります。現在のところ、ビットコインを購入すると、消費税の支払いが必要です。しかし、2017年春からは、ビットコインを買っても消費税の支払が不要となる予定です。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインの手数料は各段に安いって本当!?
  1. ビットコイン取引所に口座を設けて取引を開始する場合の手数料は1,000円程度
  2. パソコンにウォレットを開設して取引を開始する場合の手数料は0円の時もある
  3. ビットコインの開始手数料は安く、誰でも簡単に開始できる

ビットコイン取引を開始するには、ビットコイン取引所に口座を開設するか、パソコンにウォレットをインストールしなくてはなりませんが、どちらの場合もその料金は低額です。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインとマイナンバーはどうかかわってくるの!?
  1. 銀行預金口座に紐付けされるマイナンバー
  2. 匿名で保有できるビットコインはマイナンバーに紐付けできない
  3. 金融資産課税が起これば、ビットコインに資金が集まる

 

マイナンバーは将来の預金封鎖及び金融資産課税への布石だと言われていますが、ビットコインは、それらの危険から財産を守るための有効な手段となります。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインにはどんな税金がかかるの!?
  • ビットコインのマイニングには税金は課税されない
  • ビットコインの売買には、消費税と譲渡所得税が課税される
  • ビットコインに係る税金は申告が必要

 

これからビットコイン取引を始めようとする方にとっては、ビットコインにどのような税金がかかるかが気になるところです。ビットコインには、譲渡所得税、消費税が課税されます。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインにはどんな暗号が使われているの!?
  • ビットコインの取引は、ただ取引情報が流れるだけである
  • 取引情報を流す場合には、特殊な暗号を用いる必要がある
  • ビットコイン取引に用いられる暗号は公開鍵方式である

 

ビットコインの取引情報は第三者に分からないように送信しなくてはなりません。そのため、取引情報の通信を行う場合には、公開鍵方式という特殊な暗号方式を使用します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインはどうやって換金するの!?

方法1.ビットコイン取引所を利用して換金する方法が最もポピュラー
方法2.ビットコインATMを利用する方法は首都圏在住者向け

 

ポイント.ビットコインを欲しい人に直接販売する方法は安全

 

ビットコインで支払いのできるお店はまだまだ少ないので、ビットコインで商品を買うには、一般的には、ビットコインの換金が必要になります。では、それはどうやって行うのでしょうか。以下で解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインで稼ぐにはどうすればよい!?
  • ビットコインのマイニングで個人が稼ぐことは難しくなってきている
  • ビットコイン投資で稼ぐには、相場の動きを読むことが肝要
  • 莫大な利益は、将来有望なアルトコインのプレセール期間からの購入で生まれる

 

ビットコインの市場規模が巨大化している現在、個人がビットコインのマイニングで稼ぐことは難しくなっています。よって、ビットコインで稼ぐにはビットコイン投資を行うしかありませんが、以下で、その方法について解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインが含まれるアルトコインとは何!?
  • 現在、全世界に100種類以上のアルトコインが存在する
  • アルトコインの中で成功しているものはビットコインなどごく少数
  • 将来有望なアルココインを公開前に取得することは新しいビットコインの投資方法

 

アルトコインとは、金融とIT技術を融合させたフィンテック革命の代表的な産物の1つで、現在注目を集めているビットコインもこのアルトコインの1つです。

 

>>詳しくはこちら

 

新しい仮想通貨くじ「クオンタ」は本当に儲かるか?
  • クオンタは、ビットコインで使われている技術を応用した新しい宝くじ
  • クオンタは、人件費や寄附に回る分が少ないので、当選金が多くなる
  • クオンタは2016年末に運用開始したばかりなので、今後の動向に注目

 

クオンタは、ビツトコインでも利用されているブロックチェーンの技術を応用した新しい仮想通貨宝くじです。

 

クオンタには、今までの宝くじにはない魅力的な特徴がいくつかありますが、本当に儲かるかどうかは、今後の動向を見守っていく必要があります。

 

>>詳しくはこちら

世界のビットコイン状況について〜まとめ〜

 

世界各国(中国・キプロス・ヨーロッパ・米国)のビットコイン

中国. ビットコインは、金融機関でのビットコインの取引は禁止されています
キプロス. キプロスで起こった金融危機は、ビットコインを一躍有名にしました
ヨーロッパ. ほとんどの国で、ビットコインは自由に取引可能
アメリカ. アメリカでのビットコインは、取引の約1割が犯罪がらみ

ビットコインは全世界で流通していますが、地域によってその取扱いは様々です。そこで、中国、キプロス、ヨーロッパ、米国におけるビットコインの取り扱いについて説明します。

 

>>詳しくはこちら

 

アメリカのビットコインの状況
  • アメリカではビットコインがよく普及している
  • フィンテック革命発祥の地アメリカはビットコインの本場
  • ビットコインに対するアメリカ政府の態度は自由放任

 

フィンテック革命発祥の地アメリカはビットコインが最もよく普及している国の1つです。では、アメリカでのビットコインの現況はどうなっているのでしょうか。以下で解説します。

 

>>詳しくはこちら

 

中国のビットコインの状況
  • 中国では、金融機関でのビットコインの使用が禁止されている
  • 中国はビットコイン市場を支配している
  • 中国がビットコインを支配するようになったキッカケはマウントゴックス事件

 

中国では、金融機関がビットコインを使ったり、ビットコインで商品を購入したりすることが禁止されています。しかし、その一方で、ビットコイン市場は中国が支配しているともいわれています。

 

>>詳しくはこちら

 

フィリピンのビットコインの状況
  • フィリピンでは、原則として、自由にビットコインを使える
  • 2016年には、半年間で、ビットコイン利用者数が約2倍となった
  • ビットコイン技術を利用した新しい仮想通貨ノアコインが注目される

 

フィリピンのビットコインは、最近ようやく普及が進み始めたというような状況です。しかし、スマホ普及率の高さは、ビットコインの潜在需要が大きいことを意味します。

 

>>詳しくはこちら

 

マレーシアのビットコインの状況
  • マレーシアでは、原則として、ビットコインは自由に利用できる
  • IT技術者のビットコインに関する関心は高いが、一般人のそれはまだまだ
  • 高いモバイル端末の普及率は、ビットコインが爆発的に普及する可能性を示唆

 

マレーシアでは、IT技術者のビットコインに関する関心は高いけれども、一般人のそれはまだ低いという状況です。しかし、モバイル端末普及率の高さは、ビットコインの発展には好都合です。

 

>>詳しくはこちら

 

香港のビットコインの状況
  • 香港では、原則として、自由にビットコインが利用できる
  • 香港では約12件のビットコインで支払いができる店舗が存在する

コラム.香港では、ビットコイン史上に残る大事件が2つ起きている

 

1国2制度を採用する香港では、ビットコインの利用が禁止されている本国・中国とは異なり、ビットコインが自由に利用できます。

 

>>詳しくはこちら

 

シンガポールのビットコインの状況
  • アジアにおけるビットコインの先進地シンガポール
  • シンガポールには、多数のビットコイン対応店舗が出店
  • シンガポール政府は、ビットコインを利用した資金洗浄等に警戒

 

貿易、交通、金融の先進地であるシンガポールは、アジアにおけるビットコインの先進国と言われています。

 

>>詳しくはこちら

 

ロシアのビットコインの状況
  • ロシアではビットコインの使用が法律で禁じられている
  • ロシアで個人がビットコインを使用すると1〜4万円の罰金が取られる
  • ロシア政府は、ビットコインを成り立たせている技術には関心を示している

 

ロシアでは、法律によって、国内でビットコインを使用することを禁じており、これを破ってビットコインを使用等したものからは、罰金が徴収されます。

 

>>詳しくはこちら

 

ヨーロッパのビットコインの状況
  • ヨーロッパのほとんどの国でビットコインは自由に使える
  • EU司法裁判所は、ビットコインは商品ではなく通貨として扱うべきと判断
  • ビットコインが犯罪に利用されることをどうやって防ぐかが課題

 

ヨーロッパは、アメリカ合衆国と並んで、世界中で、ビットコインが最もよく利用されている地域に該当します。

 

>>詳しくはこちら

 

オーストラリアのビットコインの状況
  • オーストラリアでは、自由にビットコインが利用できる
  • オーストラリアには、2017年1月現在約170件のビットコイン対応店舗が存在
  • ビットコインを利用した「ローンセストンプロジェクト」は要注目

 

ビットコインの利用が原則自由に可能なオーストラリアは、アジアにおいては、ビットコインの先進地域ということができます。

 

>>詳しくはこちら

ビットコインについて〜コラム〜

 

ビットコイン史上最悪のマウントゴックスの破たん事件
  1. マウントゴックスの破たんでビットコインの危険性が浮き彫りに
  2. マウントゴックスの前身はトレーディング・カード交換事業者
  3. マウントゴックスの社長が真犯人というお粗末な結果

2014年4月に破たんしたビットコイン交換所マウントゴックスの破たん事件は、大きく報道され、ビットコインに潜む危険性が浮き彫りとなったので、一時期、ビットコインの世の中の評価は非常に下がりました。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインと金融危機|キプロスで起きた資産課税と預金封鎖
  1. キプロス共和国が、全国民の預金に資産課税を行うことを発表した
  2. 資産課税の発表後、預金をビットコインに変える動きが活発になった
  3. 日本でも資産課税の動きがあれば、預金をビットコインに変える動きが広まる

地中海の東の奥にあるキプロス共和国で起こった金融危機は、国家が管理する既存の通貨の弱点と、国家とは無関係なビットコインのメリットを世に知らしめる事件となりました。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイン最大の危機か?ビットコイン分裂騒動

結論1.ビットコインの取引量の増大に伴い、処理スピードの遅延が問題化
結論2.処理スピード問題に対する対応で、大手マイナーと創設者グループなどが対立
結論3.大手マイナーグループが新システムを導入した場合、ビットコインは分裂する

 

ビットコインの取引量は直近1年間で約5倍に増加したと言われていますが、この急激な取引量の増加に伴い、処理速度の遅延が問題となっております。

 

その解決方法を巡り、創設者や取引所グループと大手マイナーグループが対立しており、場合によっては、ビットコインがビットコインとビットコイン・アンリミテッドに分裂します。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨イサーリアムの分裂

結論1.時価総額で全仮想通貨中第2位のイサーリアムは分裂した
結論2.イサーリアム分裂によって生まれたイサーリアム・クラシックは予想外に成功
結論3.イサーリアムとイサーリアム・クラシックには大きな隔たりがある

 

時価総額で全仮想通貨中第2位のイサーリアムは2016年8月に分裂しました。

 

このイサーリアムの分裂は、現在分裂の危機が囁かれているビットコインが分裂した場合に、ビットコインがどのような運命を辿るかを推測する場合に役立ちます。

 

>>詳しくはこちら

 

今後注目すべき仮想通貨はイサーリアム
  1. イサーリアムには他の仮想通貨にないスマートコントラクト機能がある
  2. スマートコントラクト機能は、社会を大きく変える可能性を持つ
  3. イサーリアムには、著名や企業や投資家が注目している

 

イサーリアムは、時価総額で仮想通貨中ビットコインに次いで第2位を誇りますが、スマートコントラクトという他の仮想通貨にはない特殊な機能を持っています。

 

スマートコントラクトは、社会を大きく変革する潜在力を持つ機能であり、その機能を有するイサーリアムに対しては、著名や投資家や企業が注目しています。

 

>>詳しくはこちら

 

2017年4月の仮想通貨法の施行で仮想通貨業界の再編成が進む
  1. 2017年10月から仮想通貨取引所は登録制となる
  2. ホワイトリストの実施で、登録仮想通貨以外は取引所で取り扱えなくなる
  3. 仮想通貨法の施行で、日本の仮想通貨業界の再編成が進む

 

2017年4月に施行(6か月間の猶予あり)された仮想通貨法によって、仮想通貨取引所は登録制となり、また、仮想通貨の業界団体が公表するホワイトリストに掲載されていない仮想通貨は、

 

取引所で取引できなくなります。仮想通貨法の施行によって、仮想通貨業界は、再編成が進みます。

 

>>詳しくはこちら

 

2017年にビットコイン決済は一気に広がる?仮想通貨法が与える影響

結論1.大手家電のビックカメラが全店舗でビットコイン決済の導入を決める
結論2.格安航空Peachが、ビットコイン決済システムの導入を決める
結論3.仮想通貨法の施行で、ビットコイン決済は一挙に拡大する可能性がある

 

2017年7月に、大手家電のビットクカメラや格安航空Peachがビットコイン決済の導入を決めました。

 

有名企業がこの時期にビットコイン決済の導入を決めたのは、2017年4月に施行された仮想通貨法の影響があります。では、その影響とは、一体どのようなものなのでしょうか。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨法の施行で日本は本格的な仮想通貨時代へ

結論@仮想通貨法の施行で、有名企業のビットコイン決済の採用が始まる
結論A仮想通貨法の施行は、政府が仮想通貨の存在を公認したことを意味する
結論B仮想通貨法の施行で日本は本格的な仮想通貨時代を迎える

 

改正資金決済法(通称:仮想通貨法)の施行は、今後の日本の仮想通貨の動向に大きな影響を与える可能性があります。

 

すでに、2〜3の有名企業でビットコイン決済の導入が始まっていますが、この動きは、今後、一気に拡大するかもしれません。

 

>>詳しくはこちら

 

無から7,000億円が生み出されるビットコイン・キャッシュの不思議
  • ビットコイン・キャッシュは、ビットコイン取引記録のコピーから生まれる
  • ビットコインのプログラムを変更しただけで約7,000億円の価値が出現
  • ビットコインの分裂が連鎖すれば、ビットコインの信頼性が大きく失われる

 

2017年8月1日午後10時にビットコイン・キャッシュが誕生し、ビットコインは2つに分裂しました。

 

ビットコイン・キャッシュの誕生直後の時価総額は約7,000億円なので、ビットコインの分裂によって、突然7,000億円の価値が出現しました。これは、全く、不思議としか言いようがありません。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコイン創設者は何故巨額の利益を上げたか

理由@1万円札の製造原価はたった4円で、紙幣発行による利益率は極端に高い
理由A紙幣が紙くずになると、政府の巨額の負債は帳消しになる
理由Bビットコインが生んだ富は、紙幣発行による政府の利益の一部が源泉

 

ビットコイン創設者のナカモトサトシは、ビットコインの開発で約1,000億円の利益を上げたと言われていますが、何故、そんなに巨額の利益を上げることができたのかは、不思議な気もします。

 

その利益は、政府が紙幣を発行する際に獲得する利益の一部をビットコインが吸収したからと考えることができます。

 

>>詳しくはこちら

 

ビットコインの価値の源泉はどこから来ているのか?

結論@ビットコインの時価総額は、わずか8年間の間に4兆円を超える規模となった
結論A通常のモノの値段の決め方ではビットコイン価格の上昇は説明できない
結論Bビットコインは、政府が普通のお金に与える信用の一部を吸収している

 

ビットコインは、リリース直後の無価値状態から、わずか8年間で、時価総額が4兆円を超えるまでに急速に成長しました。

 

では、一体どのような理由で、ビットコインの時価総額はこのような巨大なものになったのでしょうか?

 

>>詳しくはこちら

 

ホワイトリストの導入で、仮想通貨の種類は大幅に減る?

結論@2017年4月施行の仮想通貨法で、ホワイトリストの作成・公表が義務化
結論Aホワイトリストに載らない仮想通貨は日本の取引所で取引できなくなる
結論Bホワイトリストの導入で仮想通貨の信頼が増し、仮想通貨取引がより発展する

 

2017年10月以降は、仮想通貨の業界団体が公表するホワイトリストに記載されていない仮想通貨は、日本の仮想通貨取引所では取引できなくなります。

 

これによって、現在1,000以上ある仮想通貨の種類は大幅に減ることになるでしょうが、その代わり、仮想通貨取引の信頼性が増し、仮想通貨による決済が大幅に拡大する可能性があります。

 

>>詳しくはこちら

 

仮想通貨を使った画期的なプロジェクトTheDAOとは何か?
  • TheDAOは、契約全体をブロックチェーンで運用しようとする試み
  • TheDAOは、プログラムの欠陥を付いたハッカーの被害により失敗した
  • TheDAOは失敗しても、スマートコントラクトへのトライは今後も続く

 

2017年3月に始動したスマートコントラクトを目指した新しいプロジェクトであるTheDAOは、同年5月に起こったハッカーによる約50億円にも上るハッカーによる盗難被害によって失敗しました。

 

しかし、TheDAOは、ビットコインで確立された技術を、決済以外の新しい分野に応用しようとする画期的なものでした。では、このTheDAOとは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

>>詳しくはこちら

 

レディス・ファッションのマルイがビットコインの試験的導入を開始

結論@レディス・ファッションで有名なマルイがビットコインを導入
結論Aマルイは、ビットコイン取引所BitFlyerの決済システムを活用した
結論B仮想通貨法の施行で、有名企業がビットコイン決済の導入を始めだした

 

2017年4月の改正資金決済法(通称:仮想通貨法)の施行で、有名企業が次々にビットコイン決済の導入を始めています。

 

レディス・ファッションで有名なマルイも、2017年8月7日から、東京新宿にある「新宿マルイ・アネックス」において、ビットコインの試験的な導入を開始しました。

 

>>詳しくはこちら

 

米国赤十字社がビットコインでの寄附の受け入れを発表

結論@日米の赤十字社への寄附金は、ビットコインを使ってできる
結論Aビットコインを使った寄附は、手続きが簡単で、透明性も高い
結論B赤十字社へのビットコイン寄附は、端末に任意の値を入力するだけ

 

ビットコインには、様々な利用方法がありますが、ビットコインで寄附を行うというのも、その1つです。

 

ビットコインと寄附は相性が良く、ビットコインで寄附を行えば、現金や預金で寄附を行うよりも、様々なメリットがあります。

 

>>詳しくはこちら

スポンサードリンク