スポンサードリンク


更新日:2018/04/16

「売り板」と「買い板」を覚えてビットコインで投資にチャレンジ!

「売り板」と「買い板」を覚えてビットコインで投資にチャレンジ!

ビットコイン投資を行う場合に、売り板・買い板(板情報)から将来のビットコイン相場の動きを予測できるようになっておくことは、非常に大切なことです。

 

 

ビットコイン投資に売り板・買い板の理解は重要

ビットコインを安く買って高く売るという方法で、ビットコインに対する投資を行うことができます。

 

その際、売り板・買い板の仕組みを理解しておくことは必須で、それを理解するとビットコインの値動きがある程度予測できるようになります。

 

売り板・買い板の仕組みを理解しないままビットコイン投資を行うと、大損をすることがありますので、注意が必要です。

売り板・買い板とは

売り板とは、ビットコインを売りたい人の集合体のことで、売り注文を、売値とそれに対応する注文数をセットにしたものです。

 

一方、買い板は、ビットコインを買いたい人の集合体のことで、買い注文を買値とそれに対する注文数をセットにしたものです。

 

双方を合わせて、現在の売買したい人たちの状況を一覧表にしたものとして板情報といいます。

 

例えば、売り注文が92,897円で100BTC(BTCはビットコインの単位)、92,898円で50BTC、92,899円で200BTC、92,900円で300BTC、92,901円で150BTCあったとします。

 

また、買い注文が92,700円で5,000BTC、92,699円で2,000BTC、92,698円で3,000BTC、92,697円で1,500BTC、92,696円で1,000BTCあったとします。

 

この場合、売り板と買い板は以下のとおりとなります。

 

【売り板】

150BTC

92,901円

300BTC

92,900円

200BTC

92,899円

50BTC

92,898円

100BTC

92,897円

【買い板】

92,700円

5,000BTC

92,699円

2,000BTC

92,698円

3,000BTC

92,697円

1,500BTC

92,696円

1,000BTC

成行注文について

売り板の最安値は、今すぐビットコインを買うとした場合に成立する価格を意味します。

 

上記の板では、92,897円で100BTCの売り注文がありますから、投資家が、ビットコインを買いたいといった場合、92,897円という価額を承認すれば、ただちに100BTCまで購入できます。

 

一方、買い板の最高値は、今すぐビットコインを売るとした場合に成立する価格を意味します。

 

上記の板では、92,700円で5,000BTCの買い注文が入っていますから、92,700円という価格を承諾すれば、ただちに、5,000BTCまでビットコインを売却できます。

 

ちなみに、今すぐビットコインを買ったり売ったりすることを成行注文といいます。

売り板・買い板の見方について

上記の板では、買い注文のほうが売り注文よりも非常に多くなっています。この場合、ビットコインが買われて、ビットコインの価額が上昇するものと予測されます。

 

よって、買い板が厚い場合には、今のうちにビットコインを買っておき、将来的にビットコイン相場が上昇したときにビットコインを売却して利益を上げることができると考えられます。

 

一方、売り板が厚い時(売り注文数が買い注文数を大きく上回る時)は、ビットコインが売られて、ビットコイン価額が下がると予測されます。

 

その為、売り板が厚い時は、早めにビットコインを売っておけば、ビットコイン価額の下落による損失を未然に防ぐことができます

売り板・買い板による判断は参考程度とする

しかし、実際の相場では、買い板が厚いから必ずビットコイン価額が上昇するわけでもないし、反対に、売り板が厚いから、必ずしもビットコイン価額が下落するわけではありません。

 

それは、買い板が厚い場合に、将来の利益を上げようとビットコインの買い注文が集まりはじめると、その裏をかいて利益を上げようとする大口投資家が大量の売り注文を出してビットコイン価格を暴落させる場合があるからです。

 

反対に売り板が厚い場合、将来の損失を回避しようと、ビットコインの売り注文が集まるわけですが、その裏をかいて利益を上げようとする大口投資家が突然大量のビットコインの買い注文を出して価格を高騰させる場合もあります。

 

よって、売り板・買い板の厚みによってビットコインの将来の価額を予測する方法は、外れる場合も多いので、それ以外の様々な要因も考慮して、総合的に投資計画を立てる必要があります

スポンサードリンク