スポンサードリンク


更新日:2018/01/05

MUFGコインとビットコインの違いについて〜まとめ〜

MUFGコインとは

MUFGコインとは

MUFJコインとは、東京三菱UFJ銀行が発行する仮想通貨です。

 

MUFJコインも、ビットコインと同様に、インターネット上のデジタル記録のみで構成される通貨で、ビットコインでも利用されているブロックチェーン技術を基盤として作成されています。

 

そして、MUFJコインは、日本国内で最初の企業が主体となって運営する仮想通貨プロジェクトとなります。

MUFJコインとビットコインの違い

まず、ビットコインは、特定の運営者が存在しないのに対して、MUFJコインには、東京三菱UFJ銀行という運営者が存在します。従って、ビットコインは、誰もが自由に利用できるのに対して、MUFJコインは、東京三菱UFJ銀行が承認した者しか利用できません。

 

将来的には、MUFJコインは、東京三菱UFJ銀行の口座保有者以外にも開放される予定ですが、その場合でも、東京三菱UFJ銀行が承認した者でないとこのコインを利用できない可能性が大です。

 

この観点から言えば、ビットコインのユーザーの方がはるかに大きく、少なくとも現在のところは、MUFJコインの持つ影響力はビットコインの持つそれと比較してはるかに少ないものと言えます。

 

また、ビットコインは日本円などの特定の国の通貨に紐付けされていませんが、MUFJコインは、将来的には日本円から独立することが予定されていますが、導入当初は、日本円に紐付けされています。

 

MUFJコインの取引レートも1コイン1円ですから、これでは銀行預金を基礎とした既存の電子マネーと何ら変わりはなく、独自性に乏しいと言わざるを得ません。

 

その意味では、先輩であるビットコインの方が、通貨の世界に与えるインパクトは大きいと言えます。

MUFJコインの展開について

MUFJコインは、まず、最初は、実験的に、東京三菱UFJ銀行の行内通貨として運用され、その後、問題がなければ、円と交換できるようにして、一般のユーザー向けに開放することを予定しています。

 

ユーザーに解放された場合には、1コイン1円で円と交換され、スマホアプリに取り込んで利用される予定です。

 

MUFJコインは、ユーザー同士での送金や決済に利用でき、その際、東京三菱UFJ銀行のその他のサービスよりも、利用料を大幅に低下させることが可能となります。また、MUFJコインを空港で外貨に換えて、引き出すことも可能になる予定です。

 

さらに、2018年春には、MUFJコインを取り込んだスマホをかざすことで現金を引き出せるATMが設置される予定となっています。

 

そして、将来的には、東京三菱UFJ銀行の口座を持たないユーザーの方でもMUFJコインが利用できるようにすることが検討されています

スポンサードリンク