スポンサードリンク


更新日:2018/04/16
スポンサードリンク

仮想通貨ICOについて記事一覧

新規仮想通貨公開(ICO)は、新規株式公開(IPO)の仮想通貨版です。IPOは、株式会社が事業資金を獲得する方法の1つとして有名ですが、ICOも、対称が株式ではなく仮想通貨であるという相違点はありますが、基本的な仕組みはIPOと同じです。ただし、ICOには投資詐欺が多いので、気をつけなくてはなりません。新規仮想通貨公開(ICO)について〜まとめ〜新規仮想通貨公開(ICO)とは!?新規仮想通貨公開(...

ICOとは、公開前の仮想通貨を購入希望者に販売して資金を集める資金調達方法ですが、短時間に莫大な資金を調達するという成功事例が続発しているために、新しい資金調達方法として、非常に注目されています。もしかしたら、従来の企業への投資のあり方を根本から変えるきっかけになるかもしれません。ICOの集金力について〜まとめ〜ソーシャルメディア「ALSI」が行ったICOICOの非常に優れたメリット驚異的なICO...

仮想通貨を活用した資金調達方法であるICO(Initial Coin Offring:イニシャル・コイン・オファリング)は、短時間に多額の資金を容易に獲得できる方法として、IT企業を中心として、全世界に広まりつつあります。株式市場と比較してICO市場の規模はまだまだ小さいですが、今後、ICOは、株式市場のあり方を大きく変える可能性があります。ICOが数分で億単位の資金が集まる理由ICOは市場で急成...

中国人民銀行は、2017年9月4日に、中国国内で活発化していたICO(新規仮想通貨公開)による資金調達を禁止すると発表しました。この発表を受け、今後、中国企業が中国国外でICOを行うようになることが予測されます。中国政府がICOによる資金調達を禁止したことについて〜まとめ〜中国政府はICOを金融詐欺やマルチ商法の一種と判断政府規制とは裏腹に、中国は、世界最大のビットコイン大国アメリカ証券取引委員会...

ビットコインに代表される仮想通貨の普及に伴い、世界中で様々な仮想通貨関連サービスが生まれていますが、「COMSA」もその1つです。「COMSA」は、企業が仮想通貨を販売して事業資金を獲得するICOを支援するサービスを提供します。ICO支援サービス「COMSA」について〜まとめ〜ICO支援サービス「COMSA」が2017年10月から開始「COMSA」とは!?「COMSA」は何をしてくれるの?「COM...

名古屋のベルギー・ビールの専門店「サンタヌール」は、世界で初めて飲食店として、仮想通貨を使った資金調達であるICOを実施しています。このICOが成功すれば、小規模な店舗でも、ICOが可能なことが証明されます。ベルギー・ビール専門店「サンタヌール」の挑戦について〜まとめ〜サンタヌールが行うICOサンタヌールが発行するトークンSATで何ができるの?サンタヌールが行うICOが変わっているところとは!?サ...

ソーシャルメディア「ALIS」は、「ALIS」に投稿した記事に対する報酬を「ALISトークン」という独自の仮想通貨で支払います。取引記録を改ざんすることが困難なブロックチェーンを活用するので、高い評価を受ける記事を書いた人が高い報酬を受けることができる公正な報酬システムの実現が可能となります。仮想通貨を活用した「ALIS」のICO試みについて〜まとめ〜「ALIS」の行ったICOは大成功し、世間の注...

ICOで資金調達を行う運営者の発表しているプロジェクト(事業計画)の50%以上は、単なる机上の空論で、ウェブ上で、何らのアクションを行っていないものです。そのような机上の空論のプロジェクトに投資を行うことは、詐欺被害に遭う可能性を著しく高め、非常に危険です。ICO投資の注意点について〜まとめ〜ICOで資金調達を行うプロジェクトの約半数は机上の空論ICOプロジェクトが机上の空論だとどうなるの?ICO...

WEBブラウザ「Brave(ブレイブ)」のプロジェクトは、独自のトークン(仮想通貨の一種)BTAを使ったICO(新規仮想通貨公開)で、瞬時に大量の資金を調達しました。ブロックチェーン技術を活用したブレイブは、今後、WEB広告業界を大きく変えていく可能性を秘めています。Blave(ブレイブ)のICOについて〜まとめ〜「Brave(ブレイブ)」の行ったICOは大成功したブレイブがICOの際に出資者に提...

改ざんが不可能だというブロックチェーン技術を応用して、透明性が高く、公正なデジタル広告市場を作ろうとする動きが始まっています。その中で、仮想通貨であるBTAが、非常に重要な役割を担います。この動きは、あらゆる業界に飛び火していますので、今後、世の中に大きな影響を与えていくようになっていくかもしれません。仮想通貨BATについて〜まとめ〜BATが公平・公正な広告市場を作り出す?デジタル広告は、仲介者、...

当初のICOは、ベンチャー企業などが新規に開発した仮想通貨を、取引所に公開し、その仮想通貨を売却して資金を集める方法を意味していました。しかし、仮想通貨法の施行で、新規に開発した仮想通貨を取引所に公開することが非常に困難となり、ICOは、独自の仮想通貨を単に売って資金を得る方法を指すようになりました。そして、言い方も、新規仮想通貨公開から、クラウドセールに変わっています。ICOの新しい呼び方「クラ...

ビットコインの創設期の保有者は、リリース後のビットコインの高騰で、莫大な利益を上げたと言われています。ビットコインの創設期には、ICOという言葉はありませんでしたが、ビットコインの創設期の保有者が設けた仕組みは、ICO投資で儲ける仕組みとほぼ同じです。従って、今、韓国ICOの超目玉となっているHADCも、ビットコインのリリースが分かれば、よく理解できます。HDACのICOについて〜まとめ〜韓国IC...