スポンサードリンク


更新日:2018/07/17

ビットコインによるクラウドファンディングについて

ビットコインによるクラウドファンディングについて

クラウドファンディングは、最近注目を集める資金調達方法です。

 

そして、このクラウドファンディングを、ビットコインを利用して行えば、ビットコインの送金手数料が安いというメリットが最大限発揮され、クラウドファンディングがよりスムーズに行えるようになります。

 

クラウドファンディングとは

クラウドファンディングとは、インターネットを介して多くの人から資金を集める仕組みのことをいいます。

 

ちなみに、クラウドは群衆を意味し、ファンディングとは資金調達を意味します。クラウドファンディングとは、これらの2つを合わせた造語です。

 

何かの事業を行ないたいが、資金が足りない場合、普通は、銀行などの金融機関に融資の申し込みを行います。

 

しかし、インターネットが普及した近年は、ネット上に事業の概要を掲載し、それに賛同した物から任意に寄附金を集めるというクラウドファンディングという資金調達方法が、注目を集めるようになりました。

ビットコインでクラウドファンディングを行うメリット

ビットコインでクラウドファンディングを行うと、送金手数料が削減できます。銀行振り込みでクラウドファンディングを行うと、送金手数料が必ず徴収されます。

 

1回の送金に係る手数料は少なくても、サポーターの数が多くなるとその金額は大きくなります。サポーターから頂いた貴重な資金は、1円でも無駄にしたくないのが本音です。

 

ビットコインによる送金は、国内の送金であれば手数料はほとんどかかりません。送金手続きも、パソコンやスマホなどから、端末にビットコイン・ウィオレットの任意の値を打ち込むだけですから、非常に簡単です。

 

 

日本国外のプロジェクトに寄附する場合にも、ビットコインを使った寄附であれば、送金手数料が非常に安く済みます

 

通貨での寄附だと、為替手数料や国際送金手数料が非常に高く、少額の寄附でも、1万円を超える手数料を請求される場合もあります。ビットコインによる寄附の場合、そのようなことはありません。

クラウドファンディングの例

2015年に耳に付けられる新型トランシーバーが開発されましたが、これを開発したBONX株式会社は、開発資金の調達をクラウドファンディングによって行いました。

 

このクラウドファンディングは、立ち上げから5日間で780万円を集めました。最終的な調達額は約2,500万円、寄附を行ったサポーターは約480人です。
(詳細は⇒http://careersupli.jp/manner/cloud-founding/

 

また、「LunaLanp」は、グラスファイバーと無害性のゴム素材を利用した満月そっくりのランプですが、これを開発したのが4人で構成される台湾のチームAcornStudioです。

 

AcornStudioも、「LunaLanp」の開発資金をクラウドファンディングで行いました。このクラウドファンディングでは、目標額の16倍もの金額が集まりました。
(詳細は⇒http://careersupli.jp/manner/cloud-founding/

クラウドファンディングに向いているビットコイン

ビットコインは、マイクロペイメント(少額決済)に向いていると言われています。それは、送金手数料がほとんど0円であることに由来します。

 

例えば、海外への総金の場合、わずかな送金額でも、手数料が日本円で1万円近くになることがあるそうです。

 

そうすると、送金額が少額の場合には、なかなか海外へは送金できないということになります。しかし、ビットコインは、海外だろうが国内だろうが、ほとんど0円で送金できます。

 

特に、クラウドファンディングは、1人1人のサポーターが寄附する金額は小額ですから、送金手数料に多くを取られると、寄附をする意欲にも影響を与えかねません。

 

その点、ビットコインなら、寄附した金額の大部分がサポーターが希望した目的に使われますから、サポーターの寄附意欲を阻害するということはありません。

スポンサードリンク

トップへ戻る