スポンサードリンク


更新日:2018/07/17

ビットコインと預金通貨、この違いはなに?

ビットコインと預金通貨、この違いはなに?

ビットコインは、純粋なデジタルデータ(ブロックチェーン)のみの構成される存在だと言われますが、そのことは、より身近な預金通貨の仕組みみが分かれば、その意味がよく理解できます。

 

 

ビットコインの預金通貨の共通性について

預金通貨の仕組みをしれば、ビットコインがよく分かるようになります。ビットコインは、紙や金属といった物理的実体を持たない純粋にデジタルデータのみで構成される通貨です。

 

ビットコインは、日常生活で、まだなじみのあるものになっていないので、デジタルデータのみの存在といっても、少し分かりにくいところがあります。しかし、預金通貨であれば、広く社会に浸透していますから、具体的なイメージがつかみやすい存在です。

 

ビットコインは、預金通貨の仕組みを応用して設計されていますから、預金通貨の仕組みとビットコインの仕組みは共通する部分が多くあります。そこで、預金通貨の仕組みが分かれば、ビットコインの仕組みの理解がはかどります。

デジタル通貨のみの存在とはどういうことか

預金通貨もコンピューター内のデジタル・データや預金通帳の数字のみで構成される存在です。

 

例えば、1,000万円の預金を持つAさんが、その口座からBさんの預金口座に500万円振込んだとしても、その取引は、Aさんの預金残高がデータが500万円減り、Bさんの預金残高データが500万円増えるだけです。

 

つまり、銀行で保有しているAさんやBさんの預金残高データや、AさんBさんの通帳の残高数字が書き換えられるだけで、紙や金属によるお金は一切動きません。

 

よって、この取引は、取引前のAさんBさんの預金残高データに取引(振込)記録データの加え、AさんBさんの新しい残高データを作成する作業によって構成されます。

 

その意味では、この取引は、預金残高データが変わるだけの、デジタルデータのみの存在です。

 

ビットコインも、上記のように、取引前のすべてのビットコイン利用者のビットコイン残高と、取引記録、取引後のすべてのビットコイン利用者のビットコイン残高の各データとして存在します。

 

ビットコインがデジタルデータのみで構成される存在といってもピンときませんが、身近な預金通貨取引がデータの書き換えだけで存在することが分かれば、その意味が分かりやすくなります

ビットコインと預金通貨の違いについて

預金通貨は、最終的には、1万円札や百円玉といったような物理的実体をもつお金と結びついています。

 

ATMや銀行の窓口にいけば、いつでも、預金通貨を本物の通貨に変える(両替する)ことができますし、反対に、現金を預金通貨に変えることもできます。

 

一方、ビットコインも、1万円札や百円玉といったような物理的実体を持つお金に変えることはできますが、その手続きは両替ではなく、売買となります。

 

預金通貨もビットコインも、現金に変えることは可能ですが、現金に変えることは、ビットコインよりも預金通貨のほうがはるかに簡単です。

 

また、両替の場合には、1円の預金通貨(現金)は必ず1円の現金(預金通貨)と交換されます。

 

一方、売買の場合には、1BTCと交換できる日本円の値は、毎日変動します。

 

預金通貨もビットコインも、最終的には現金に結びつけられていますが、その結びつきは、預金通貨のほうが、ビットコインよりもはるかに強力です。

スポンサードリンク

トップへ戻る