スポンサードリンク


更新日:2018/01/05

ビットコインとその他のお金、その違いはなに!?

ビットコインとその他のお金、その違いはなに?

通貨(お金)には様々な種類があります。広い意味でいえば、ビットコインも通貨の1つであります。そして、ビットコインをよく理解するには、ビットコインと他の通貨と違いを考えることが効果的です。

 

そこで、以下では、ビットコインとその他の通貨との違いについて考えます。

 

ビットコインと通貨の違いについて

最初に、ビットコインと最も一般的なお金である通貨の違いについて解説します。そして、ビットコインと通貨の違いは、大きく分けると、以下の4つの違いになります。

 

 

違い@通貨は国家が管理し、ビットコインはプログラムが管理する

通貨は、その通貨が流通する国を統治している国家が管理します。例えば、日本円であれば日本政府が、米ドルであれば米国政府が、ポンドであれば英国政府が管理します。

 

一方、ビットコインは、それを管理する特定の政府が存在しません。また、特定の政府が管理しないからといって、特定の企業や団体が管理するわけでもありません。

 

ビットコインには、管理主体というものがありません。しいて言えば、ビットコインを管理しているのは、ビットコインが導入された時における創始者やプログラマーたちが作成したプログラムが、ビットコインを管理します。

 

違いA通貨は国家が発行し、ビットコインは採掘で発行される

通貨は、国家が発行します。

 

例えば、日本円であれば財務省の印刷所や造幣局が作成し、日本政府が発行します。一方、ビットコインは、採掘と呼ばれるビットコインの取引記録の追記作業に対して報酬が支払われることが、ビットコインの新規発行となります。

 

採掘は、マイニングと呼ばれるアプリを使えば、誰でもできますので、採掘を行えば、誰でもビットコインの発行主体となることができます

 

違いB通貨は利用範囲に制限がなく、ビットコインは制限がある

例えば、日本円であれば、日本国内であればどこでも誰でも利用できます。このように、通貨は、その通貨を発行している国家の領土内であれば、どこでも誰でも利用できます。

 

一方、ビットコインは、当事者双方が、ビットコインでの取引に合意していなければ、取引ができません。

 

例えば、ビットコインで物が買えるのは、売主がビットコインでの支払いを承認している場合に限られます。

 

もし、相手側がビットコイン口座を保有していない、又は、ビットコイン口座を保有していても、現金払いを要求するような場合には、ビットコインは利用できません。通貨(日本円)の場合には、このようなことはありません。

 

違いC通貨は現実空間で利用でき、ビットコインは仮想空間で利用できる

通貨は、紙や金属で構成され、基本的には、現実空間で使用します。電子マネーなど、銀行口座と結びついて、ネット上(仮想空間)で使用する場合もあり、また、そのような取引も増大しております。

 

しかし、通貨そのものが金属や紙なので、やはり、現実空間での使用がメインとなります。一方、ビットコインは100%、ネット(仮想空間)内の存在です。コンピュータネットワークの中にのみ存在し、本体もデジタルデータで構成されます。

 

ビットコインと電子マネーの違いについて

ビットコインと非常に近い存在に、電子マネーがありますが、続いて、この電子マネーとビットコインの関係について考えてみます。電子マネーは近年急速に普及しつつありますが、ビットコインは、電子マネーで培われた技術的基礎の上に成り立っています。

 

さて、以下では、ビットコインとこの電子マネーの違いについて4つに区分して解説します。

 

 

違い@ビットコインの方が通貨性が高い

電子マネーは、最終的には、現金と結びついています。

 

例えば、コンビニで商品を買い、レジのデジタル端末にカードをかざして支払いを行えば、電子マネーで決済を行ったことになります。その結果、その支払分がデータとして記録され、月末に合算され、翌月の一定期日に銀行口座から引き落とされます。

 

このように、電子マネーは、店頭では現金を使わないものの、最終的な本当の決済は、一定期間に支払った分をまとめて銀行口座からの引き落としで行います。

 

一方、ビットコインは、最終的な決済を現金で行うことはありません。ビットコインで商品を購入すれば、ビットコインの残高が減るだけで、後から、銀行預金の口座から支払った分が引き落とされるということはありません。

 

従って、電子マネーは、決済を容易にする手段であり、通貨そのものではありませんが、ビットコインは通貨そのものです

 

違いAビットコインの方が使える場所が限定されている

スーパーやコンビニの店頭で、カードや携帯を端末にかざすだけで購入した商品の支払いができる電子マネーは大変便利なものです。

 

また、JR東日本の電子マネー「スイカ」を持っていれば、駅の窓口で小銭を出して切符を買わなくても電車が利用でき、特に混雑時には非常に助かります。

 

ビットコインも、専用アプリをスマホ等にインストールすれば、店先のデジタル端末にかざすだけで、電子マネーと同じように、簡単決済が可能になります。

 

但し、電子マネーが使える店舗は、日本全国に数えきれないほどたくさんありますが、ビットコインが使える店舗は、日本にまだ85店舗(2016年11月現在)しかありません

 

違いBビットコインの方が手数料が安い

ビットコインは運営主体がありませんから、運営主体に払う手数料というものが存在しません。一方、電子マネーには必ず運営主体が存在するので、その運営主体に支払う手数料が必ず発生します。

 

よって、コストパホーマンスという面から言えば、電子マネーよりもビットコインの方が優れています

 

違いCビットコインの方が通貨価値が大きく変動する

電子マネーは通貨に結びついているので、その価値が日々変動するということはありません。一方、ビットコインの価値は日々変動します。

 

そのため、ビットコインを使用する際には、常にビットコイン相場の動きを確認して、支払うべきビットコインが日本円でいくらになるかということ確認する必要があります。

 

このことは、非常に面倒くさいし、通貨価値が毎日変動するようであれば、通貨としては使えないような気もします。

 

しかし、ビットコイン相場は、たまに暴落することもありますが、全体的には上昇基調なので、現在のところ、通貨変動によって利用者が利益を受けることが多くなっています

ビットコインと他の仮想通貨との違いについて

最後に、ビットコインと他の仮想通貨との関係について考えます。ビットコインも仮想通貨の1種です。しかし、ビットコインと他の仮想通貨とでは、決定的に異なる点があります。

 

そこで、以下では、ビットコインと他の仮想通貨との共通点やその決定的な違いについて、解説します。

 

 

仮想通貨とは何か

仮想通貨としてイメージしやすいのは、オンラインゲーム内の通貨です。現金で、そのゲーム内で使われている仮想通貨を購入すれば、そのゲーム内では、その仮想通貨を使ってアイテムを購入することができます。

 

昔のゲームセンターで、そのゲーセン内のゲーム機専用のコインが発行されていて、そのゲーム機で遊ぶには、そのコインを購入しなければならないところがありました。そこコインが、まさに、仮想通貨です。

 

他にも、例えば、利用登録の際に1,000円で1,000ポイント購入し、その1,000ポイント内で有料サービスを購入できるというWebサイト内でのみ使える仮想通貨もあります。

 

仮想通貨の大きな特徴は、つかえる場所が制限されていることです。例えば、オンラインゲーム内の通貨は、その運営主体が提供するゲームでしか利用できません。

 

また、ゲームセンターのコインも、そのゲームセンター内のゲーム機にしか使えません。Webサイトが発行するポイントも、そのWebサイト内でしか利用できません。

 

ビットコインも仮想通貨である

 

ビットコインも仮想通貨の一種です。ビットコインは、取引の当事者双方がビットコインユーザーでなくては利用できません。その意味で、ビットコインは使える場所が制限されている「仮想通貨」に該当します。

 

また、ビットコインは、デジタルデータそのものですから、Web上にしか存在しません。円や米ドルなどの通貨は紙や金属で構成されていますが、ビットコインは完全にインターネット内の存在で、その意味では、「仮想」通貨そのものになります。

 

ビットコインと他の仮想通貨の違いについて

ビットコインとその他の仮想通貨との違いは、取引の範囲です。他の仮想通貨も財やサービスの購入ができますが、それは、非常に限られた範囲内に限定されます。

 

一方、ビットコインの時価総額は、2016年10月30日のデータで約1兆1671億円です。(2016年10月30日現在ビットコイン数15,950,500×698米$×104.78円/$)

 

また、全世界でビットコインを使用できる店舗数は8,200件を超えています。この規模は、他の仮想通貨の利用範囲と比較してずば抜けて大きく、ビットコインを利用して、世界中の非常に広い範囲で、財やサービスの購入ができることを意味します。

 

このことから、ビットコインは仮想通貨であっても、他の仮想通貨とは異なり、現実の通貨に非常に近い存在だということができます。また、ビットコインには相場があります。

 

2016年10月30日現在、1ビットコイン(BTC)=698ドルで、1ドル=104.78円として73,136円で取引されています。その相場は日々変動します。

 

例えば、2016年6月17日は1BTC744ドル、2016年1月17日は同じく385ドルでした。円ドルレートを1ドル=104.78円とすると、2016年6月17日は1BTC=77,956円、2016年1月17日は1BTC=40,340円となります。

 

為替相場によって、日々通貨価値が変動するということは、他の通貨にはありえないことなので、このことは、他の仮想通貨とビットコインの大きな違いとなります。ビットコインは、他の仮想通貨と比較して、規模にしても機能にしても、はるかに大きく多彩で、本物の通貨に非常に近い存在であると言えます。

スポンサードリンク