スポンサードリンク


更新日:2018/04/16

今後注目すべき仮想通貨「イサーリアム」

今後注目すべき仮想通貨「イサーリアム」

イサーリアムは、時価総額で仮想通貨中ビットコインに次いで第2位を誇りますが、スマートコントラクトという他の仮想通貨にはない特殊な機能を持っています。

 

スマートコントラクトは、社会を大きく変革する潜在力を持つ機能であり、その機能を有するイサーリアムに対しては、著名や投資家や企業が注目しています。

 

イサーリアムは何故、今後注目すべきなのか

ビットコインに代表される仮想通貨のほとんどは、売買代金等の決済機能しか有しません。

 

しかし、イサーリアムには、決済機能の他に、スマートコントラクトと呼ばれる、売買契約等の契約そのものをブロックチェンによってWeb上で分散管理するという機能を有しています。

 

従来のインターネット取引の場合、エスクロー業者にエスクロー料金を支払うのが通例だした。

 

ちなみに、エスクローとは、商取引の際に、信頼できる第三者を仲介させて取引の安全を確保する第三者預託のことを言います。

 

スマートコントラクトを利用してインターネット上で商取引を行えば、仮想通貨(イサーリアム)を利用して決済を行えば、エスクロー機能も付加されていますから、

 

エスクロー業者の介在を必要とせず、エスクロー料金の支払いが不要になります。

 

つまり、イサーリアムを利用する者は、エスクロー料金が不要になり、その分利益を受けることになります。

 

このように、イサーリアムが導入されることによって、利益を受ける人がいれば、それは、イサーリアムの通貨価値の上昇という形で表れてきます

ビットコインは何故成功したか

ビットコインの通貨価値は、短期間に信じられない率で上昇しています。

 

2009年に現実世界で初めてビットコインが使われた際の通貨価値は、ピザ1枚で10,000BTC(BTCはビットコインの通貨単位)だったそうです。

 

ピザ1枚を500円とすれば、その時にレートは、1BTC=0.05円となります。

 

それから約8年後の2017年7月のレートでは、約315,000円となっています。ビットコインレートは日々変動しますから、正確ではありませんが、単純計算で、ビットコインは、約8年間で630万倍となったことになります。

 

これだけ、通貨価値が上昇したという背景には、ビットコインの導入によって、国際送金における送金手数料が削減されたとか、

 

インフレや国債暴落というリスクを伴う既存の法定通貨に対する代替通貨を提供したとか、電子商取引における決済の煩雑さを解消したなどのメリットをビットコインが社会に対して与えたことがあげられます。

 

ビットコインによって得をした人が大勢いるからこそ、それが、ビットコインに対する購入需要を喚起し、その結果、ビットコインの通貨価値が高騰したと言えるでしょう。

 

ビットコインは、ハッカーなどの被害によって度々暴落しますが、ビットコインが上記のようなメリットを社会に与え続ける限り、長期的には、ビットコインの通貨価値は上昇し続けることでしょう。

イサーリアムが注目される理由について

イサーリアムが有する機能1つであるスマートコントラクトが普及すれば、

 

  • 電子商取引においてエスクロー料金分のコスト削減ができる
  • 複雑な契約手続きが簡略化される
  • 契約書の改ざんなどの犯罪を抑制できる

 

等、多くの社会的メリットが発生すると思います。しかも、そのメリットは、非常に大きなものになるでしょう。

 

将来的には、銀行から融資を受ける手続きや、生命保険や損害保険に加入する手続きも、スマートコントラクトによって行われるかもしれません。

 

そうなった場合、イサーリアムが社会に与えるメリットは計り知れないものになるでしょう。

 

社会的に与えるメリットが大きければ大きいほど、それは、イサーリアムの通貨価値の上昇となって跳ね返ってきます。

 

イサーリアムは、ものすごい潜在力を秘めています。したがって、今後、通貨価値の高騰が期待される注目の通貨です。

イサーリアムの現在とその価格遷移について

017年6月現在のイサーリアムの対円レートは1ETH(ETHはイサーリアムの通貨単位)=25,543円、通貨価値の総額は約2兆3,534億円となっています。

 

通貨価値においては、イサーリアムは、ビットコインに次いで、全仮想通貨中第2位となっています。

 

イサーリアムは2015年7月に初リリースがされましたが、その半年後の2016年1月には、1ETH=114円でした。その2か月後には、1ETH=1,696円までに高騰しました。

 

2016年6月に、ハッキングによって約50億円相当額のイサーリアムが失われるという事件(TheDAO事件)が起きました。

 

これによって、イサーリアムの価額は暴落し、2016年12月時点では、1ETH=738円となりました。

 

TheDAO事件によって、イサーリアムはイサーリアムとイサーリアムクラシックに分裂しましたが、その混乱を乗り切って順調に回復し、

 

2017年2月には1ETH=1,198円、2017年3月には1ETH=6,746円となりました。2017年5月には、1ETH=29,126円と、半年前の2016年12月のレートと比較して約40倍の水準となっています。

 

(詳細は⇒https://bitflyer.jp/ja/ethereum

有名な投資家等が絶賛するイサーリアム

アメリカのベンチャーキャピタルであるライトスピード・ベンチャーキャピタル・パートナーズのアーロン・バタリオン氏は、イサーリアムは、今後も50%を超える上昇率をキープし、

 

5年後から10年後には、現在価値の10倍か100倍になっていると信じていると発言しています。
(詳細は⇒https://www.businessinsider.jp/post-35006

 

タレント、著述業、投資家としても有名な「ホリエモン」こと堀江貴文氏も、イサーリアムのスマートコントラクト機能にはいち早く目を付け、早速、投資を行ったそうです。

 

日本でイサーリアムが有名になったのは、堀江貴文氏がブログでイサーリアムについて発信をしたからだともいわれています。

 

2017年3月には、マイクロソフトやJPモルガンなど大手企業連合が、イサーリアムを活用した新しいコンピューターシステムの構築を目的とした「Ehtereum Alliance」を立ち上げました。

 

(詳細は⇒https://virtualmoney-x.com/ethereum2/

スポンサードリンク