スポンサードリンク


更新日:2018/04/16

HYIPのほとんどは消滅した!?

HYPEのほとんどは消滅

2017年初頭には、多数のビットコインHYIPが日本に上陸してきました。しかし、その大半は、1か月〜3か月程度で消滅した詐欺サイトでした。

 

現在、日本でまともに運用されているビットコインHYIPは、その草分け的な存在であるビットリージョンのみとなっています。

 

 

2017年初頭のビットコインHYIPの日本上陸ラッシュについて

2015年に、ビットコインHYIPの草分け的な存在であるビットリ-ジョンが初めて登場しました。その後、ビットコインHYIPは次々に現れ、特に2017年初頭には、数多くのビットコインHYIPが日本に上陸してきました。

 

その頃、ビットコインHYIPに対する投資に関しては、怪しいからやめた方がよいという意見と、通常の利率では考えられない利子収入を得ることができるので、

 

リスクは高いのは分かっているが、積極的に投資をした方が意見の双方がありました。

 

2017年7月現在、ビットコインHYIPの日本上陸ラッシュから半年以上経過していますが、2017年初頭に日本に初公開されたビットコインHYIPのほとんどは、消えています

 

つまり、その大半はビットコイン詐欺だったということになります。

 

2017年7月現在で消滅しているビットコインHYIPについて

Web上に「仮想通貨情報局」というサイトがありますが、これによると、以下のビットコインHYIPが2017年7月現在で消滅しています。

  • Xバイナリー(2017年3月8日消滅)
  • ライトライズ(2017年3月5日消滅)
  • Bitway(消滅した年月日は不詳だが、現在アクセス不可能)
  • Xabo(2017年2月20日消滅)
  • SunriseBitcoin(2017年1月31日消滅)
  • BITSEA(2017年1月12日消滅)
  • マイナービズ(2017年1月9日消滅)
  • クルードマイナービズ(2017年1月9日消滅)

(詳細は⇒ビットコイン仮想通貨投資.xyz ? HYIP知識)

 

これをみると、2017年初頭に日本で初公開されたビットコインHYIPの大半は、現在消えています。

 

しかも、公開からサイト消滅までの時間は1か月〜3か月がほとんどであることを考えると、最初から、ある程度のビットコインが集まったらサイトを消滅させる計画の詐欺サイトである疑いが濃厚です。

 

なお、ビットコインHYIPの1つであるアジアビッツについては、頻繁にアクセス停止状態となって消滅したかと思えば、アクセス停止が解除されたり、頻繁に引出しが停止したりして、

 

非常に不安定な状態で運用されているようです。これも、何時消滅してもおかしくないビットコインHIYPです。

まともに残ったのはビットリージョンのみ

ビットコインHYIPは、日利1%〜5%の非常に高い金利が話題となり、一時ブームとなりましたが、そのブームが去った現在においてまともに残っているのは、その草分け的存在であるビットリージョンのみのようです。

 

もう1つ、ブラジルに本社のある会社が運営し、集めたビットコインをサッカーくじで運用して、その利益を投資家に還元する仕組みのビットコインHYIPであるD9クラブも、現在消滅してはおりません。

 

しかし、D9クラブは、2017年4月以降に頻繁に引出しが遅れるという問題を起こしており、また、D9クラブの元日本支部代表者が、詐欺被害の会を結成し、

 

D9クラブの本社を訴える準備を行っているという噂もあり、実際に訴訟が起こされれば、いつD9クラブが消滅してもおかしくない危険な状況にあります

 

(詳細は⇒dbacカジノ.com/archives/1966)

ビットリージョンは何故生き残ったか

結局のところ、ビットコインHYIPは、ビットリージョンだけが健全で、それ以外のものは、ほとんど詐欺サイトだということになります。

 

ビットリージョンの金利は、ビットコインHYIP中最低水準の日利1%でしたが、この金利水準が、ビットコインの通貨価値の上昇比率に近かったために、ビットリージョンが破たんすることなく、

 

投資家に金利を支払い続けることが可能だったことが、ビットリージョンが生き残った最大の理由でしょう。

 

実際、ビットコインの通貨価値の上昇率をはるかに上回る日利3%以上の高金利を謳っていたサイトは、ほとんど全部消滅しています。最初から詐欺を計画していた場合は別ですが、

 

支払える限界をはるかに上回る金利を設定した投資プロジェクトは、長い間維持することはできません。

 

結論としては、ビットコイン投資を行うのであれば、元本が失われる可能性が少ないビットコイン定期預金(金利は年7%程度)に出資するのが理想的ですが、どうしても、

 

高リターンが必要だという場合には、ビットリージョンに投資するのがおすすめです。

スポンサードリンク