スポンサードリンク


更新日:2018/07/17

ビットコイン投資(ハイプ)のリスクと詐欺に引っかからない方法

ビットコイン投資(ハイプ)のリスクと詐欺に引っかからない方法

日本は、高リターンのビットコイン投資「ハイプ」に対する関心が非常に高い国です。しかし、このハイプには、確実に、相当数の詐欺話が紛れ込んでいます。

 

そこで、以下では、ハイプに関わるリスクとその投資詐欺に引っかからないようにするための必要な情報を提供します。

 

ビットコイン投資「ハイプ」のリスクについて

最大のリスクはハイプが突然配当停止・利用停止になること!

ビットコイン投資「ハイプ」のリスクで最大の者は、投資していたビットコインハイプが突然配当停止やサイトの利用停止となることです。

 

なお、配当停止ならば新規の配当が止まるだけで、元本やそれまで獲得したビットコインが失われることはありませんが、サイトが利用停止となると、そういったものまで引き出せなくなり、ほとんどの場合、もう二度と取り戻すことはできません

 

また、ほとんどの場合、配当停止になると、その直後にサイト利用停止となり、配当停止からサイト利用停止までの間に時間がないのが通例で、その間にサイトに預けていた元本や配当金を引き出すのは困難です。

 

配当停止とサイト利用停止の間に時間がないのは、配当停止となると、会員が将来の利用停止を予測して一斉にビットコインを引き出すためで、そのためにサイト運営者のビット金残高が不足し、ビットコインの支払が滞るためです。

 

相当数の詐欺的なサイトが紛れ込んでいるので注意!

ハイプのほとんどは、高率の配当金を支払う原資を確保する方法を持たないか、持っていても、その方法が脆弱なため、新規会員の入会金や初期費用を配当金の原資としているため、

 

いずれは新規会員の参加が止まり、それと同時に配当金が支払えなくなって消滅する運命にあり、配当停止やサイト利用停止のリスクとは常に隣り合わせです。

 

このような「ハイプ」は、法律で禁止されている「ねずみ講」の原理を応用しているので、詐欺まがいのものとも言えます。

 

しかし、会員から集めた資金を外貨投資、株式投資、アルトコイン投資、スポーツくじ等で運用し、その収益を分配するような外観を呈していたり、相互支援や社会福祉的な名目で行っていたり、

 

オンラインスクール受講する権利と販売と抱き合わせで実施されていたりと、巧みに「ねずみ講」であることを隠すので、見破るのは容易ではありません。

 

なお、さらに悪質なものになると、サイト作成キッドを使って、偽のハイプサイトを立ち上げ、参加者から初期投資としてビットコインが送金されると、配当も行わず、送金直後にサイト利用停止として、ビットコインを泥棒するものもあります。

 

「ハイプ」のすべてが詐欺や詐欺まがいのものだということはないでしょうが、その中に相当数の詐欺的なサイトが紛れ込んでいることは確実で、ハイプを行う場合には、その詐欺に引っかかって、投資したビットコインのすべて失うリスクのことは常に意識しなくてはなりません

 

ビットコイン投資「ハイプ」詐欺に引っかからないようにする方法

ビットコイン投資を装った詐欺に引っかからない方法は、運営者が謳っているリターンが、
どうやって実現されるかを考えることです。

 

例えば、マイニングだとか、ビットコインや他のアルトコインに対する投資だとか、サッカーくじだとか、しっかりとした投資目的がある場合には、ハイリスクであっても、詐欺ではないでしょう。

 

しかし、投資目的がないにも関わらず、ハイリターンが謳われている場合には、詐欺を疑わなくてはなりません。

 

また、運営者が謳っているリターンの水準もチェックする必要があります。

 

現在、日本円を銀行に定期預金として預けた場合の利率は年0.5%程度です。

 

一方、ビットコインの場合には、ビットコイン市場の急成長を反映して、日本円の定期預金のように、金融サービス会社にビットコインを預けた場合の年利率は7%程度、最大でも12%程度と言われています。

 

よって、ビットコインのリターンは年7%〜12%程度が平均的な水準ですが、これと比較した場合、日利1%や月利30%(年360%)という水準は、極端に高い水準であるということは一目瞭然です。

 

いくらビットコイン市場が急速に成長しているとはいえ、年360%のリターンを実現するとことほぼ不可能であり、根拠もなく、運営者がこのような利率を謳っている場合には、詐欺を疑わなくてはなりません。

 

さらに、運営者が自らを公開しているかどうかも重要です。

 

運営者が自らを公開していない場合には、ビットコインを預けているサイトが突然利用停止となっても、利用者はどうすることもできません。

 

新規会員の初期費用や初回投資金を既存の会員の配当原資とする「ねずみ講」的なビットコイン詐欺にも気を付けなくてはなりませんが、ビットコイン投資の運営者にビットコインを送金した途端、サイトが利用停止となり、送金したビットコインが奪われた、という詐欺にも気を付けなくてはなりません。

 

日利1%や月利30%の高リターンを謳ったビットコイン投資サイトは次々誕生しておりますが、その内には、ビットコインをだまし取ることを目的とするものも含まれていると考えられます。

 

サイト運営者が匿名だと、この手の詐欺サイトの可能性が高いので、利用しないに限ります。

 

最後に、ビットコイン投資詐欺に引っかからない方法としては、ビットコイン投資を行う場合には、元本や配当金を利用者のウォレットで管理するシステムを採用している運営者を選択することが考えられます。

 

会員が投資したビットコインを、投資運営者のサイト内で管理する方法だと、サイトが突然利用停止となって、預けていたビットコインが消滅する可能性があります。

 

また、サイト内で配当金が支払われたことになっていても、実際にはビットコインは増加しておらず、いざ引き出してみると、サイトで表示されているビットコインよりも、実際に引き出し可能なビットコインが極端に少ないというケースも想定できます。

 

元本が利用者のウォレットで保管され、配当金も利用者のウォレットに支払われる場合には、サイトが突然利用停止となっても、元利が失われることはありません。

ビットコインとビットリージョンはどう違うか

ビットコインもビットリージョンも、創設者の身元が明らかでないという点で共通しています。

 

また、特定の運営者がおらず、利用者の相互監視によるネットワークによってシステムが運営されているという点でも共通しています。

 

なお、ビットコインは、創設当初の「そんなものうまくいくはずがない」という大多数の予測を覆し、驚異的な勢いで全世界に広がりました。

 

そこで、ビットコインと似たような仕組みを持ち、しかも、ビットコインを活用した投資方法であるビットリージョンも、ビットコインのように周囲の予測を覆して、驚異的に発展するかもしれないと一瞬考えます。

 

しかし、ビットコインとビットリージョンでは、決定的に異なる点があります。それは、ビットコインが大成功を収めたことにはしっかりとした理由があります。

 

まず、マイニングを通じて発行総量が調節される仕組みや、ブロックチェーンを活用した利用者相互間の相互監視によりシステムが維持される仕組み、偽造を防止する優れたセキュリティーシステム等、ビットコインは優れた技術に裏打ちされています。

 

また、少し古いデータですが、2007年の国際送金の総額は約35兆円でしたが、それに対して約10%(3.5兆円)の送金手数料が徴収されます。ビットコインは、無料又は非常に低額の手数料で国際送金ができますから、ビットコインの普及によって多額の国際送金手数料が削減されました。

 

このように、ビットコインは有効なツールとして社会に有益な影響を与えており、このことも、ビットコインが大成功した1つの要因となります。一方、ビットリージョンといえば、そのシステムは、昔からある「ねずみ講」の焼き直し程度のものです。

 

例えば・・・
現在の日本で、AさんがXさんに10,000円を与えると、その20日後にAさんが12,000円を受け取る権利を与えられ、次に、BさんがAさんに1万2千円を与えると、今度は、Bさんがその20日後に14,400円を受ける権利を与えられます。

 

そして、Cさんが14,400円をBさんに与えると、その20日後にCさんが17,280円を受け取る権利を与える、などという話を聞くと、怪しいと感じる方がほとんどではないでしょうか。

 

ビットリージョンは、この例で日本円をビットコインに変えただけの話です。

 

ビットリージョンをビットコインで説明すると、本当に儲かりそうな話に聞こえますが、話を日本円に置き換えると、急に嘘くさくなります。

 

ビットコインには、急速な成長を可能とした明確なスキーム(枠組み)があるのですが、ビットリージョンには、運営者が言うような高利率・高配当を実現できるような明確なスキームがなく、どうやってそれを実現するのかについて常に疑問が残ります。

 

ビットコインには、成功するためのしっかりとしたスキームがありました。

 

一方、ビットリージョンの場合には、その宣伝とは裏腹に、成功を予測させるようなスキームがほとんどありません。

 

よって、ビットコインが大成功を収めてからといって、ビットリージョンも成功する保証はそこにもなく、それどころか、ビットリージョンが、ビットコインを利用した従来からある「ねずみ講」詐欺の新形態である可能性すらあります。

ビットリージョンが盛り上がっているのは日本だけ

ネット上のサイト・アクセス数を調べるサイトであるEASYcounterを使って調べると、ビットリージョンの運営サイトであるBitregion.comの国別アクセスランキングの1位が日本で全体の94.2%、2位が韓国で4.6%、3位がインドで0.6%となっています。(2017年1月現在)
(詳細は⇒http://www.easycounter.com/report/bitregion.com

 

ビットリージョンは、2016年8月時点で、世界103カ国に約25,000人の利用者がいると言われていますが、上記のアクセスデータによると、そのほとんどが日本人だということになります。

 

つまり、ビットリージョンが盛り上がっているのは日本だけで、他の国ではそれを冷めた目(どうせ詐欺だろうという目)で見ています。

 

ビットリージョンのような、配当を稼ぎ出す明確な根拠のない投資話は、大半が、新規加入者の入会金や初期投資を既存会員の配当に充てるシステムなので、新規会員が確保できなくなると、配当が止まります。

 

配当が止まると、既存会員が運営者に預けていたビットコインを一斉に引き出しますから、一瞬で崩壊します。

 

ただし、崩壊する直前で投資したビットコインを回収できれば、宣伝通りの利益を確保できるので、仮に詐欺だと分かっていても、新規に参加する方もいらっしゃると思います。

 

チキンレースというゲームがあります。

 

これは、壁や崖に向かって自動車で全速力で直進し、どちらが壁(崖)近くまでブレーキを踏まずにいられるか、を競うゲームです。

 

現在のビットリージョンも似たような状況で、日本の新規加入者が止まった時点でシテムが崩壊するので、その崩壊直前までビットリージョンに参加すると、利鞘が一番多くなるけれども、会員を離脱するタイミングが遅すぎると、預けていたビットコインをすべて失う、チキンレース状態だと言われています。
(詳細は⇒http://www.easycounter.com/report/bitregion.com

日本人はチキンレースが大好きなのか

会員に分配する配当金を確保する明確なスキームを持たないまま、日利1%とか月利30%というような高リターンを謳うビットコイン投資には、ビットリージョンの他、ASIABIT(アジアビット)、SunriseBitcoin(サンライズビットコイン)などがあります。

 

ビットリージョンと同じように、EASYcounterを使ってサイトの国別アクセスランキングを調べてみると、ASIABITについては、2017年1月現在で、第1位が日本で95.5%、第2位がインドで1.9%、第3位がナイジェリアで0.7%となっています。
(詳細は⇒http://www.easycounter.com/report/asiabits.com

 

SunriseBitcoinについては、同じく2017年1月現在で、第1位日本97.7%、第2位がインドで0.9%となっています。
(詳細は⇒http://www.easycounter.com/report/sunrisebitcoin.com

 

ちなみに、会員から集めたビットコインをスポーツくじで運用し、その運用益から会員への配当金を支払うというスキームを持っている「D9Club」の国別サイトアクセス状態を表示すると、2017年1月現在で、第1位が日本で87.8%、第2位がウガンダで3.1%、第3位がアメリカで3.1%となっています。
(詳細は⇒http://www.easycounter.com/report/d9club.com

 

なお、これらのビットコイン投資を、HYIP(High-Yeild-Investmen-Program)といいますが、このHYIPは、日本でやたらに流行っているという特徴があります。

 

これらの多くは、ねずみ講的な半分詐欺のような投資話なのですが、これが日本でやたらにはやるということは、日本人が騙されやすいのか、或いは、日本人はチキンレースが大好きなのか、いずれかであると考えられます。

 

HYIPがチキンレースだと分かって投資する場合には、競馬や宝くじと同じで、ギャンブル感覚で投資しているのだとすれば、大きな問題とならないかもしれません。

 

しかし、騙されている場合には、これをまともな投資話だと思って大金を投じ、後で詐欺に引っかかってそのすべてを失い、人生を棒に振る者も出現する可能性もあり、こちらは気を付けなくてはなりません

「ねずみ講」より悪質なビットコイン投資詐欺

日本は、日利1%や月利30%という高リターンを謳ったビットコイン投資に対する関心が非常に高い国となっています。

 

基本的には、これらの投資話は、その大部分が、新規会員の入会金や初期投資金で、既存会員の配当を支払う詐欺話であることは間違いありません。

 

しかし、これらの投資話も、一応は、新規会員が確保できなくなったため配当が止まり、それに伴って、既存の会員が一斉に預けていたビットコインを引き上げるまでは、一応は、宣伝にあるような高利率の配当が受けられます。

 

よって、言葉は悪いですが、システムが崩壊する寸前で「勝ち逃げ」すれば、それなりに投資による利益を確保できますし、会員の全てがギャンブル(チキンレース)だと思って参加していれば、詐欺被害もそれほど大きなものにはならないでしょう。

 

しかし、ビットコイン投資には、今後、それより悪質のサイトが出現してくる可能性があります。それは、ビットコイン投資の偽のサイトを作成し、会員から送金されたビットコインをそのまま持ち逃げするタイプのものです。

 

HYIPとよばれるビットコイン投資に対する関心の高い日本には、次々、その手のサイトが上陸しています。

 

その中には、一度ビットコインを送金したら、配当を受けられないどころか、送ったビットコインが二度と手元に戻らない、という詐欺サイトが含まれている可能性が十分に考えられます。この手のサイトは、完全なビットコイン泥棒ですから、ねずみ講的な詐欺サイトよりもはるかに悪質です。

 

これに引っかからないようにするためには、極力、サイトにビットコインを預ける期間(満期)が短いものを選ぶことと、配当を直接利用者個人のウォレットに送金するサイトを選択することが重要です。

 

また、元本をサイトに預けるタイプを選択すると、サイト画面で表示される利用者のビットコイン残高では、毎期ごとに配当金が入金されているように表示されていても、実際に引き出そうとすると、引き出せるビットコインが残高より大幅に少なかった、というケースは十分に想定されます。

 

よって、ビットコインの配当金や元本を、会員個人のウォレットで保管する方法を採用している運営者ならば安心です。ちなみに、日本企業が運営するHYIPの「BIT365」は、配当金を直接会員のウォレットに送金する方法を採用しています。

 

最後に、HYIPとよばれるビットコイン投資運営サイトは、責任者を非公開(匿名)としている場合が多いのですが、責任者が匿名の場合には、なおさら、この手の詐欺に気を付けなくてはなりません

 

ビットコイン投資詐欺のカモフラージュ・ツール

日利1%や月利30%を謳うHYIPとよばれるビットコイン投資サイトには、詐欺サイトが相当数含まれることは間違いありません。しかし、それらの詐欺サイトは、巧みに詐欺サイトであることを隠しますので、それを見分けなくてはなりません。

 

昔からあるねずみ講の特徴

昔からある「ねずみ講」は、相互支援だとか、福祉の向上とかという、慈善団体的なフレーズをよく使います。

 

このフレーズがあると、一見すると、ねずみ講の運営者が、慈善団体であるかのように勘違いするので、一瞬、警戒感が緩みます。そこで、うっかり会員となってしまい、詐欺に引っかかってしまいます。

 

マルチレベルマーケットイングを利用する

次に、マルチレベルマーケットイング(MLM)を利用する方法です。純粋な「ねずみ講」は、無限連鎖講に関する法律で禁止されています。

 

そこで、法の網をかいくぐるために、本質は「ねずみ講」だけれども、形式的に、商品やサービスを会員から会員への勧誘による販売(MLM)行い、MLMの団体として、世間にアピールする方法です。

 

例えば、あるHYIPの運営サイトは、スポーツくじで収益を上げることができるスポーツトレーダーのオンラインスクールの会員から会員への販売というMLMを行いながら、「ねずみ講」的な投資を募集しています。

 

この運営サイトを見ると、どう考えても、ビットコインのHYLPがメインで、オンラインスクールはただの付属物のような印象を受けます。

 

このサイトが「ねずみ講」的な詐欺サイトかどうかは分かりませんが、仮に詐欺サイトである場合には、この形式的なMLMは、詐欺をカモフラージュするためのツールだということになります。

 

HYIPが詐欺かどうか見分けるには!?

最後に、HYIPが詐欺かどうかを見分けるには、投資運営サイトが、会員から集めたビットコインをどのように運用して、謳っているような高リターンをどう実現するのかを、明確に表示しているかどうかを確認することが必要ですが、仮に、そのスキームを運営者が公開していたとしても、それだけでは信用できません。

 

それは、サイト運営者が、カモフラージュで、預かったビットコインの偽の運用スキームを公開している可能性があるからです。

 

例えば、あるHYIPの運営サイトでは、会員から集めたビットコインをサッカーくじ等のスポーツくじで運用して、その運用益を会員への配当金の支払いに充てるとしています。

 

しかし、配当の利率が年300%超となる場合もあり、サッカーくじでは、そのような高率な利率を稼ぐことが理論的に不可能だと考えられます。

 

そのような場合には、会員から集めたビットコインをサッカーくじで運用して配当金を確保するといっても、にわかに信用できません。

 

それは、配当金の原資を確保するスキームがあるから安心だよと言って、できるだけ多くの新規会員を確保し、結局は、その入会金や初回等資金によって配当金を確保しようとする「ねずみ講」的な詐欺である可能性も十分にあります。

 

配当を確保する方法を明示していたとしても、それが詐欺を隠すためのカモフラージュである場合もあるので、詐欺に引っかからないためには、公開されている運用方法をよく検討し、本当に、その方法で日利1%や月利30%といった利率の配当金を支払えるのかどうかを、よく検討する必要があります。

 

利用者から預かったビットコインを投資の専門家が運用して、その投資運用益を利用者に還元するベーシックなビットコイン投資の利率は、年7%〜12%ですので、この水準と比較した場合、確実に、日利1%や月利30%(年率換算で360%)の配当を可能とする資金運用などはほとんど皆無であると言えます。

 

資金運用方法を公開していても、それが会員を安心させるためのカモフラージュである場合もあるので、鵜?みにするのは禁物で、その内容をよく検討する必要があります

スポンサードリンク

トップへ戻る