スポンサードリンク


更新日:2018/01/05

ビットコインはどのように発行されるのか!?

ビットコインはどのように発行されるのか?

日本円等の通貨であれば、通貨を管理する国家がその制作及び発行を行います。一方、ビットコインは、それを管理する主体が存在しないために、特定の団体がビットコインの発行を行うことはありません。

 

では、このビットコインはどのようにして発行されるのでしょうか。以下で解説します。

 

ビットコインの発行は採掘によって行われる

ビットコインの発行は採掘によって行われます。

 

採掘とは、ビットコイン取引データを100個から1,000個含む「ブロック」を、過去のすべてのビットコインの取引データを集積したビットコイン元帳に記載する作業です。

 

この採掘は、正式には「ブロックチェーンに新ブロックを追加する」ことといいますが、ビットコイン元帳に新取引を記帳するというのは、それを分かりやすく表現したものです。

 

ちなみに、この採掘は、「マイニング」という公開アプリをパソコンにダウンロードすれば、誰でも行うことができます。

 

さて、採掘を行うには、複雑な演算を解かなくてはなりませんが、それを解いて正確にビットコイン元帳に新取引の記帳ができると、報酬としてビットコインが支払われます。

 

採掘を行った者は、採掘によって取得したビットコインで、ビットコイン取引ができるようになり、これが、ビットコインの発行になります。

ビットコインの発行総量の規制について

さて、採掘によって取得できるビットコイン数は、最初の210,000ブロックまでの記帳を行った方に対しては、50ビットコイン(BTC)/1ブロックとなります。

 

次に、210,001〜420,000ブロックを完成させた方に対しては、25BTC/1ブロックが支給されます。そして、420,001〜630,000ブロックを完成させた方に対しては12.5BTC/1ブロックが支給されます。

 

このように、完成済のブロックが増加するごとに、1ブロックの完成に対して支給されるBTCが減少します。

 

ビットコインは、設定時のプログラムによって2,100万BTCが発行上限となりますが、発行上限直前の報酬額は0.00000001BTC/1ブロックとなります。

 

この水準では、採掘はほとんどただ働きとなり、誰も採掘を行う者がいなくなるため、採掘が停止し、ビットコインの発行数は2,100万BTCで止まることになります。

ビットコインは普通の人が発行できる

お金は、国が発行するというのは常識です。また、お金は、会社とかで働かないと手に入れることができないというのも常識です。

 

しかし、ビットコインは、採掘を行えば、誰でもビットコインを手に入れることができます。また、ビットコインを独占的に発行する機関が存在しないことから、採掘を行う人すべてがビットコインの発行者になります

 

誰もがお金を発行できるというのは、非常に驚くべきことということができます。

スポンサードリンク