スポンサードリンク


更新日:2018/01/05

ビットコインの運営者はいない?ではどのように運営されているの?

ビットコインの運営者はいない?ではどのように運営されているの?

円やドルなどの通貨は、日本政府や米国政府等の中央政府が管理します。一方、ビットコインは、特定の国の中央政府が管理することはありません。

 

では、ビットコインは誰によって運営されているのでしょうか。以下で解説します。

 

ビットコインはコンピューター・ネットワークで管理する

ビットコインは、ビッココインが流通する国の中央政府の管理することは一切ありません。しかし、適切な管理を行わないと、通貨にインフレやデフレが起こるように、ビットコインにもインフレやデフレが起こります。

 

そこで、ビットコインは、中央政府が管理しない代わりに、コンピューター・ネットワークによって、管理されます。

 

つまり、ビットコインには、国や会社といった運営者は存在しないことになります。

ビットコインの管理の仕組みついて

ビットコインの管理の仕組みは、以下のとおりです。

 

ビットコインは、採掘(マイニング)という方法で生み出されます。マイニングとは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に正確に追記することでビットコインの交付を受けることを言います。

 

日々行われるビットコインの取引記録は、ビットコインの運営会社の職員によって追記されていると思われがちですが、実は、ボランティアによって行われています。そして、その取引記録の追記作業を手伝ってくれたボランティアに対して、そのお礼としてビットコインが支払われます。

 

このお礼として支払われるビットコインが、ビットコインの新規発行になります。ビットコインの取引記録の追記作業を行ってビットコインの交付を受けることを採掘(マイニング)といいます。

 

ビットコインの流通量が少ないうちは、マイニングによって、比較的多くのビットコインを獲得することができます。しかし、ビットコインの流通量が増えるにしたがって、同じマイニングの作業量に対して支給されるビットコインの数量が半減していきます。

 

そして、最終的には、2,100万ビットコインを発行した時点で、マイニングに対して支払われるビットコインはなくなります。そうすると、マイニングを行う人は皆無となり、ビットコインの新規発行はなくなり、ビットコインの流通量は2,1000ビットコインで頭打ちとなります。

 

この仕組みによって、ビットコインは管理されています。

ビットコインの購入と新規発行の違いについて

ビットコインは、ネット上の取引所で現金で購入することができます。

 

例えば、平成28年10月28日時点で1ビットコイン=65,947円ですので、65,947円を払えば、1ビットコインが手に入ります。しかし、これは既存のビットコインの所有者が変わるだけです。

 

通貨の発行に当たるビットコインの新規発行は、上記のマイニング以外の方法ではできないことになっています。

 

通貨は中央政府が管理します

1万円札や100円玉等の通貨は、それが流通する国の中央政府が管理します。円であれば日本政府が、米ドルであればアメリカ政府が、フランであればフランス政府が管理します。

 

例えば、市場に流通する通貨の量が多すぎて、インフレが起こりそうな場合、中央政府は、国債を売却したり、中央銀行の貸付利率を上げたりして、通貨流通量を減らします。

 

一方、市場に流通する通貨の量が少なすぎて、デフレが起こりそうな場合には、中央政府は反対に、国債を発行したり、貸付利率を下げたりして、通貨流通量を増やします。

 

また、通貨には信用がなくてはなりません。

 

例えば、日本国のすべての人が1万円札をただの紙切れだと思えば、誰も財やサービスと引き換えに1万円札を受け取る人はいなくなります。通貨は、中央政府が管理することで、これで財やサービスが買えるんだという信用が生まれ、安心して利用することができます。

 

通貨は国家によって厳格に管理されるのに比べて、ビットコインには国や会社といった特定の管理主体が管理することが一切ないというのは、対称的なことです。

 
スポンサードリンク