スポンサードリンク


更新日:2018/07/17

仮想通貨くじ「クオンタ」とは!?儲けることはできる?

仮想通貨くじ「クオンタ」とは!?儲けることはできる?


クオンタは、ビットコインでも利用されているブロックチェーンの技術を応用した新しい仮想通貨宝くじです。

 

クオンタには、今までの宝くじにはない魅力的な特徴がいくつかありますが、本当に儲かるかどうかは、今後の動向を見守っていく必要があります。

 

クオンタとは一体どういうものか

クオンタとは、仮想通貨イーサリアム(ビットコインについて時価総額第2位の仮想通貨)を活用した新しい宝くじです。

 

従来の宝くじは、人が介在するために、宝くじによる収益の一定割合が人件費に回り、その分、賞金が少なくなります。

 

また、人が介在するといいことは、不正が行われる可能性を否定できません。

 

例えば、当選番号をあらかじめ決めておいて、その番号のくじの発行枚数を極端に少なくしておけば、くじの発行者は大儲けができますが、人の手が介在する宝くじには、そのような危険があります。

 

クオンタは、仮想通貨の草分けであるビットコインと同じように、100%コンピューター・プログラムによって運営されるため、人の手が介在しないので、そのことによる人件費の発生や不正の可能性がありません。

クオンタとビットコインにはどんな利点があるか

政府の発行する通貨が、インフレーションや国債の暴落などによって、その価値を下げ、通貨の価値が半減したり、最悪、紙切れ同然の価値しか有さなくなることは、しばしばあります。

 

この事態が起きると、実質的には、政府の不正によって、通貨を持つ者がお金を奪われることになります。

 

ビットコインが急速に普及したのは、政府のような管理者を置かず、完全に人の手を介さないで通貨の管理を行うことで、上記のような不正を防止できることが、その理由の1つにあげられます。

 

クオンタのメリットも、ビットコインのメリットとよく似ています。宝くじに人の手(管理者)が介在すると、人件費と不正の可能性があります。

 

しかし、100%コンピューター管理だと、ビットコインに中央管理者の不正がないように、クオンタにも、不正の可能性がありません

 

同時に、収益を人件費に回す必要がないので、より多くの収益を賞金に回すことができます。

クオンタはいつどのように始まったか

クオンタの研究及び開発を行ったのは、東京都港区に本社があるワンエイトアソシエーション株式会社です。また、ワンアソシエーション株式会社は、クオンタの研究・開発を行う際、カルダノ・ラボと提携をしています。

 

カルダノ・ラボは、ベトナムの最大級の経済都市ホーチミン市に研究所を構え、約50名の研究員を擁する国際的開発組織です。

 

カルダノ・ラボは、独自に仮想通貨エイダ・コインを開発しました。エイダコインは、ネット上のゲーム・プラットフォーム「カルダノ」内で、ゲーム使用料や賭金として使用できる暗号通貨のことです。

 

クオンタは2016年末に公開されました。従って、クオンタは、現時点(2017年4月5日)では、誕生して間もない非常に新しいシステムだということができます。

クオンタを使うにはどうするか

クオンタを使うには、ネット上からクオンタ・ネットワークに登録を行います。登録すると、独自通貨トークン(QNT)が交付されます。

 

QNTはクオンタ・ネットワークで利用できるチケットのようなもので、QNTを所有していると、宝くじ(クオンタ)で獲得された利益の分配を受けることができるともに、一定以上のクオンタを所有すると、宝くじ販売店としてクオンタを売ることができます

 

クオンタでは、ビットコインでも利用されているブロックチェーンの技術が利用されます。この技術を用いて、人の手を介さない、全世界規模の分散型宝くじネットワークが形成されます。

 

クオンタネットワークへの登録は、ネット上の公式サイトから行うことができます。また、クオンタに登録後のQNTの管理や、QNTをビットコインや現金に返還する手続きもネット上で行うことになります。

 

宝くじ販売店に出向いて宝くじを買ったり、金融機関の窓口などで当たり券を換金する手間が省ける分、クオンタの方が手軽に宝くじを楽しめます。

クオンタは稼げるか

宝くじの公式サイトによると、平成23年度の宝くじの収益金の内訳は、当選金として46.3%、公共事業等に41.1%、印刷経費、販売手数料に11.6%、社会貢献広報費に1.0%となっています。

 

よって、当選金として期待できるのは、宝くじの総売上高の半分以下である46.3%しかありません。

 

宝くじ1,000円分を購入した場合、当選金として還元されるのは463円で、残りの537円は、当選金ではなく、別の用途に利用されることになります。

 

クオンタの場合、公共事業費と印刷販売手数料に振り分けられる収益金がないか、非常に低額となりますから、その分、還元率が上がり、宝くじで利益を獲得できる可能性があります。

 

ただし、クオンタの公式サイトでは高還元率を謳っていますが、クオンタはまだ始まったばっかりで、実績がありませんので、どの程度の還元率が実現されるかは、今後の動向を見守る必要があります

 

ちなみに、平成25年のサマージャンボ宝くじで、500万円以上の当たり券の本数は1千万枚につき5枚ですから、高額当選が出る確率は5/10,000,000です。

 

クオンタのその確率がどの程度になるかということも、今後の動向次第です。

スポンサードリンク

トップへ戻る