スポンサードリンク


更新日:2018/04/16

仮想通貨を使った画期的なプロジェクトTheDAOとは何か?

仮想通貨を使った画期的なプロジェクトTheDAOとは?

2017年3月に始動したスマートコントラクトを目指した新しいプロジェクトであるTheDAOは、同年5月に起こったハッカーによる約50億円にも上るハッカーによる盗難被害によって失敗しました。

 

しかし、TheDAOは、ビットコインで確立された技術を、決済以外の新しい分野に応用しようとする画期的なものでした。では、このTheDAOとは、一体どのようなものなのでしょうか?

 

TheDAOとは何か

TheDAOとは、時価総額おいて、ビットコインに次いで、全体で第2位の規模を誇る仮想通貨イサーリアムを活用した、新しいプロジェクトのことをいいます。

 

TheDAOは、スマートコントラクトの実現を目的としていました。

 

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンの技術を応用して、売買や投資などの契約全体を仮想通貨を使って、中央管理者を介さないで、分権的・自律的に行うことを言います。

 

ビットコインは、お金の支払という決済機能のみを分権的・自律的に行いますが、TheDAOのプロジェクトは、決済機能のみならず、その決済を生じさせる契約自体も、

 

ブロックチェーンを活用して、分権的・自律的に行うことを目的としています。

 

TheDAOによって試みられるプロジェクト(スマートコントラクト)は、ビットコインで確立した技術を応用して、それをより広い分野に適用したものと言えます。

TheDAOが目指していたのは非集権的な投資

TheDAOが目指していたのは非集権的な投資です。

 

通常の投資は、証券会社などの投資家ファンドが、一般の投資家から資金を集めて、それを運用し、その運用益の一部を投資家に還元するというシステムを採用します。

 

しかし、TheDAOは、投資ファンドのよう中央管理者を持たずに、一般の投資家のみで投資を行なおうとするものです。

 

投資を行う場合には、投資金額はいくらで、運用益はどれくらいで、運用益の何%が投資家に還元され、投資期間はどれくらいか、ということを事前に契約で決めなくてはなりませんが、

 

TheDAOは、ブロックチェーンの技術を応用して、この契約も、分権的・自律的に行おうとしていました。

 

TheDAOが成功すれば、証券会社などの投資ファンドを介さないで、投資家が投資を行うことが可能になり、投資家から投資ファンドに支払う手数料が削減されます

 

TheDAOは、投資産業全体を大きく変える可能性を持っていたプロジェクトでした。

TheDAOは失敗した

TheDAOは画期的なプロジェクトでしたが、結果的には、TheDAOは、プログラムの脆弱性を突いたハッカーたちの攻撃によって失敗しました。

 

TheDAOには、プロジェクトに賛同した投資家から約150億円の資金が集まりましたが、TheDAOのプロジェクトの立ち上げ後から2か月が経過した2017年5月に

 

集まった150億円のうち、3分に1である50億円がハッカーによって盗まれるという事件が起こりました。

 

この盗難事件で、TheDAOのプロジェクトは中止となりました。

 

なお、TheDAOに対する投資は、仮想通貨イサーリアムによって行われましたが、この盗難事件で、イサーリアムの価格も暴落することになりました。

 

仮想通貨がハッカーの攻撃によって盗まれることは、しばしば起こり例えば、2014年3月に当時、東京に本店のあったビットコイン取引所マウントゴックスから約115億円相当のビットコインが盗まれるという事件が有名です。

 

しかし、それらの盗難事件は、取引所がセキュリティ対策を怠ったことが主な原因であり、ブロックチェーンやアルゴリズムなどの仮想通貨プロジェクトそのものが攻撃されたわけではありません。

 

しかし、TheDAOの場合には、単体の取引所ではなく、プロジェクト全体の脆弱性をハッカーに突かれて、大量の仮想通貨が盗まれたので、その影響は深刻なものでした。

 

プロジェクトに使われたイサーリアムが暴落したのも、TheDAOの失敗が、イサ―リアム自体の信用失墜につながったからだと考えられます

 

TheDAOは失敗したが、スマートコントラクトの試みは今後も続く

TheDAOは失敗しましたが、TheDAOがスマートコントラクトという技術は、ビットコインで確立したブロックチェーンの技術を、より広い契約という分野に拡張するもので、

 

ビットコインの普及を仮想通貨の第1ステージとすれば、スマートコントラクトは、仮想通貨の第2ステージの構成するものということができます。

 

TheDAOがトライしたスマートコントラクトは、国と自治体、企業などのあり方を根本から変えてしまうような潜在的な力があり、TheDAOが失敗しても、また、

 

別のプロジェクトでスマートコントラクトがトライされ、それが成功すれば、スマートコントラクトは徐々に普及し、最終的には、お金の世界でビットコインが手にしたような成功をかち得るかもしれません。

 

TheDAOが失敗したからといって、それがスマートコントラクト自体が失敗したというわけではありません。

 

TheDAOは、スマートコントラクトにトライしたプロジェクトの1つであり、今後、また、スマートコントラクトに取するプロジェクトが出現します。

 

世の中がスマートコントラクトの実現を目指すように流れていくのは、必然のように思われます。

スポンサードリンク