スポンサードリンク

スポンサードリンク

アルトコインの特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・ICOまとめ記事一覧

エイダコイン(ADA)は、別名を「カルダノ」や「エイダコインカルダノ」といい、2017年に公開された新しい仮想通貨です。エイダコインは、イサーリアムの開発に関わり、仮想通貨の第一人者と言われるチャールズ・ホスキンソン氏が開発したことで、市場の注目を集めています。以下では、このエイダコインについて解説します。「エイダコイン(ADA)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・ICOについて〜まとめ〜エ...

オミセゴ―(OMG)は、東南アジアのタイやインドネシアで、銀行口座を持たない人々を対象とした、スマホを利用した決済サービスを提供することを目的とした仮想通貨です。オミセゴ―は、市場公開前の事前販売(ICO)で、約21億円もの資金を獲得し、その後も順調な発展を遂げています。以下では、このオミセゴ―について分かりやすく解説します。「オミセゴー(OMG)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日について〜...

デジバイト(DGB)は、5つのアルゴリズムを用いるマイニングや、「セグイット」と呼ばれる取引データを圧縮して、送金速度を速める技術を最初に用いたものとして有名なコインです。デジバイトは、時価総額の点では、仮想通貨の代表格であるビットコインと比較になりませんが、個々の点では、いくつかのビットコインを凌ぐメリットがあります。以下では、このデジバイトについて解説します。「デジバイト(DGB)」の特徴・将...

ミュージック・コイン(MUSIC)は、2017年2月に誕生した、音楽サービスの取引に関連する新しい仮想通貨です。この仮想通貨の普及によって、レコード会社や著作権団体が音楽収入の30%以上を取得するという音楽業界の構造が本本から変わる可能性があります。そこで、以下では、この仮想通貨について解説します。「ミュージック・コイン(MUSIC)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日について〜まとめ〜ミュー...

ヒューマニック(HMQ)は、2016年12月に公開された仮想通貨の一種で、バイオメトリックスを用いた個人認証を行うので、身分証明書がなくてもウォレットを開設できます。そのため、発展途上国の銀行口座を持たない人でも、スマホが1台あれば、高度な銀行取引を行うことができるようになります。そこで、以下では、このヒューマニックについて、解説します。「ヒューマニック(HMQ)」の特徴・将来性・実用性・リスク・...

ゲームクレジット(GAME)は、2014年2月14日に公開された、オンラインゲームのゲーム・クレジット・ストア内でゲームコインとして流通する仮想通貨です。ゲームコインの登場で、オンライン・ゲーム内でのコインの交換やゲーム料金の決済などが非常に簡単に行えるようになります。以下では、このゲームクレジットについて解説します。「ゲームクレジット(GAME)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・価格推移...

シアコイン(SC)は、2015年6月に、アメリカのボストンにある会社によって公開された、ストレージ(パソコン内のデータの空き領域)交換を媒介するための仮想通貨です。シアコインは、ビットコインとは異なり、その使用範囲は非常に限定されていますが、コインの技術力が高く評価されています。そこで、以下では、このシアコインについて解説します。「シアコイン(SC)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日について...

モナコ(MCO)は、2017年5月に公開された、クレジットカードで仮想通貨による決済を可能とすることを目的として開発されたコインです。VISAカードと提携しているため、世界120か国にあるVISA加盟店でモナコ(モナコカード)が利用できる点が大きな特徴です。以下では、このモナコについて分かりやすく解説します。「モナコ(MCO)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・ICOについて〜まとめ〜モナコ...

バードコイン(VTC)は、2014年1月に公開された仮想通貨で、安価な機材でもマイニングが可能であるという特色があります。ヴァートコインの開発資金は寄附によって賄われ、その開発者は皆ボランティアです。このコインの目的は金銭的な利益ではなく、公平で非集権的な真の仮想通貨を実現することです。以下では、このヴァートコインについて解説します。「ヴァートコイン(VTC)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開...

クオンタム(QTUM)は、2016年12月公開された、ンガポールのクオンタム財団が運営する仮想通貨です。クオンタムは、ビットコインとイサーリアムの双方の技術の融合を目指しており、いわば、ビットコインとイサーリアムのハイブリッドです。以下では、このクオンタムについて、解説します。「クオンタム(QTUM)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・ICOについて〜まとめ〜クオンタムと特徴クオンタムの将来...

スタートコイン(START)は、2014年7月に公開された仮想通貨で、ネット上における主にビズネスのための資金集めであるクラウドファンディング用に開発されています。100単位以上のスタートコインの保有者に対しては、毎週、一定割合のスタートコインが無償で配布されます。UQUIDカードを利用すれば、クレジット決済をスタートコインを使って行うことも可能です。以下では、このスタートコインについて、分かりや...

ワビコイン(WaBi)は、ブロックチェーン技術を応用して、中国における食品偽装問題の解決を試みる仮想通貨です。ワビコインは、仮想通貨でおなじみのブロックチェーンの技術を、食品偽装という社会問題の解決に利用しようとする画期的なプロジェクトです。以下では、このワビコインについて、分かりやすく解説します。「ワビコイン(WaBi)」の特徴・将来性・実用性・リスク・公開日・ICOについて〜まとめ〜ワビコイン...

シスコイン(SYS)は、2014年7月に公開された、ブロックチェーン上にAmazonやeBayのようなマーケットプレイスの構築を目指す仮想通貨プロジェクトです。シスコインのプロジェクトが成功すれば、インターネット商取引に大きな影響を与えることは間違いありません。そこで、以下では、このシスコインについて、分かりやすく解説します。シスコインの特徴について〜まとめ〜シスコインの特徴についてシスコインの実...

クアントスタンプは、2017年10月に公開され、時価総額第2位のイサーリアムとの関係が非常に深い仮想通貨です。イサーリアムには、システムの脆弱性により、度々ハッキング被害に遭うという欠点がありますが、この欠点を克服する目的でクアントスタンプは開発されました。以下では、このクアントスタンプについて分かりやすく解説します。クアントスタンプの特徴について〜まとめ〜クアントスタンプの特徴についてクアントス...

ヴェチェーン(VEN)は、2017年8月に公開された仮想通貨の一種で、ブロックチェーン技術を活用した商品追跡システムを構築することを目的としています。ヴェチェーンは、特に中国国内で問題となっている偽ブランド問題を解決する役割が期待されています。以下では、このヴェチェーン(VEN)について分かりやすく解説します。ヴェチェーンの特徴について〜まとめ〜ヴェチェーンの特徴についてヴェチェーンの将来性につい...

テンエックス(PAY)は、2016年8月に公開された、デビットカードを利用した仮想通貨決済を実現しようとするプロジェクトの1つです。テンエックスには、COMITと呼ばれる画期的な機能が実装されており、この機能を使えば、複数の仮想通貨と現実通貨を自由自在に交換して、カード決済を行うことができます。以下では、このテンエックスについて分かりやすく解説します。テンエックスの特徴について〜まとめ〜テンエック...

ステラは、2014年7月に公開された、メジャーな仮想通貨であるリップルを元に開発された仮想通貨です。ステラは、個人・銀行・決済システムを結びつける役割を有し、特に国際送金の分野で、低コストで迅速・確実な送金を実現します。以下では、このステラについて、分かりやすく解説します。ステラの特徴について〜まとめ〜ステラの特徴についてステラの将来性についてステラの実用性についてステラのリスクについてステラのチ...

ヴォクセルズ(VOX)は、誰もが、スキルに関わりなく、バーチャルリアリティゲームを作成、体験、共有、販売できるマーケットプレイス(ヴォクセラス)におけるお金です。ヴォクセルズによって、バーチャルリアリティゲームはより身近なものになります。以下では、このヴォクセルズについて分かりやすく解説します。ヴォクセルズの特徴について〜まとめ〜ヴォクセルズの特徴についてヴォクセルズの将来性についてヴォクセルズの...

デジタルノート(XDN)は、2014年5月に公開された、ビットコインの欠点を克服すべく開発された仮想通貨の1つです。デジタルノートには、マイニングが公平だとか、匿名性が高く取引履歴の追跡が困難だとか、保有するだけで金利が付くなどの特徴があります。以下では、このデジタルノートについて、分かりやすく解説します。デジタルノートの特徴について〜まとめ〜デジタルノートの特徴についてデジタルノートの将来性につ...

アイオータは、ITO(モノのインターネット)デバイス間の決済を最適化するために開発された仮想通貨です。アイオータによって、手数料なしでIOTデバイス間の決済が実現化した場合には、ITOの発展に大きく貢献することになるでしょう。以下では、このアイオータについて分かりやすく解説します。アイオータの特徴について〜まとめ〜アイオータの特徴についてアイオータの将来性についてアイオータの実用性についてアイオー...

トロンは、コンテンツエンターテイメントに特化した仮想通貨で、ゲーム開発者は、トロンを利用して、自由にゲームプラットフォームを開発したり、資金調達ができます。また、トロンは、2017年8月に行われたICOで、短時間に約80億円もの資金調達を行ったことで、注目されています。以下では、このトロンについて、分かりやすく解説します。トロンの特徴について〜まとめ〜トロンの特徴についてトロンの将来性についてトロ...

ガス(通貨単位はGAS)は、2017年9月に公開された仮想通貨で、中国版イサーリアムと呼ばれる仮想通貨NEOの燃料コインの役割を果たします。ガスの価格は、リリース当初から1GAS=2,500円の水準となっていましたが、これは、ガスに対する市場の評価が非常に高いものであることを示唆しています。以下では、このガスについて、分かりやすく解説します。ガスの特徴について〜まとめ〜ガスの特徴についてガスの将来...

中国産ネオ(NEO)は、2016年10月に公開された仮想通貨で、イサーリアムと同じスマートコントラクト機能を実装しているので、中国版イサーリアムともいわれます。イサーリアムよりも後に開発されたネオには、様々な最新の技術が盛り込まれています。以下では、このネオについて、分かりやすく解説します。ネオの特徴について〜まとめ〜ネオの特徴についてネオの将来性についてネオの実用性についてネオのリスクについてネ...

セントラ(CTR)は、2017年7月に公開された、デビットカードで仮想通貨を使えるようにするプロジェクトです。セントラは、公開直前に行われたICOで約33億円の資金を調達しました。以下では、このセントラについて分かりやすく解説します。セントラの特徴について〜まとめ〜セントラの特徴についてセントラの将来性についてセントラの実用性についてセントラのリスクについてセントラのICOについて

ビットシェアーズ(BTS)は、2014年7月に公開された、現実の通貨と仮想通貨の双方の長所を取り入れた、仮想通貨です。この仮想通貨は、ビットコインと同じように、お金の代わりとして、普通に日常で決済手段として使用されることを目指している仮想通貨のグループに属しています。以下では、このビットシェアーズについて分かりやすく解説します。ビットシェアーズの特徴について〜まとめ〜ビットシェアーズの特徴について...

ネクストコイン(NXT)は、2013年11月に誕生した、ビットコインの後継者たることを目指す仮想通貨です。それから4年以上経過した現在、ネクストコインはビットコインの後継コインと認められる存在になってはいませんが、Proof of Workという方式を採用していることが特徴です。以下では、このネクストコインについて分かりやすく解説します。ネクストコインの特徴について〜まとめ〜ネクストコインの特徴に...

シビックは、2017年3月に誕生した仮想通貨の一種で、ブロックチェーン技術と生体認証を用いて、簡単・確実な個人認証を行うことができるシステムを採用しています。また、仮想通貨業界の有名人であるビニ―・リンガム氏が、シビックの開発に携わっていることも話題となっています。以下では、このシビックについて分かりやく解説します。シビックの特徴について〜まとめ〜シビックの特徴についてシビックの将来性についてシビ...

グローバルカレンシーリザーブは、2015年6月に公開された仮想通貨です。消費電力の少ない環境にやさしいマイニング方式を採用していることと、リザーブ報酬が1年間で5%と高率であることが、この通貨の特徴となっています。以下では、このグローバルカレンシーリザーブについて分かりやすく解説します。グローバルカレンシーリザーブの特徴について〜まとめ〜グローバルカレンシーリザーブの特徴についてグローバルカレンシ...

ポットコインは、2014年1月に公開された、合法化されたマリファナ取引の決済に用いられる目的で開発された仮想通貨です。マリファナ取引は、売主が現金取引を好むため、買主が危険を冒しても多額の現金を持ち歩かなければならないという問題がありました。ポットコインの登場によって、この問題は大きく改善しました。以下では、このポットコインについて分かりやすく解説します。ポットコインの特徴について〜まとめ〜ポット...

トリガー(TRIG)は、銃社会のアメリカにおいて、安全に銃を使用できる環境の創設を目指して開発された仮想通貨です。ブロックチェーン技術と生体認証システムを活用し、銃の購入審査をパスした銃の所有者以外の者が銃を操作しても、銃が作動しないという仕組みになっています。以下では、このトリガーについて分かりやすく解説します。トリガーの特徴について〜まとめ〜トリガーの特徴についてトリガーの将来性についてトリガ...

エックスピー(XP)は、2016年8月に公開された、持っているだけで自動的に保有量が増加するプルーフ・オブ・ステイクという方式を採用している仮想通貨です。ただし、プルーフ・オブ・ステイクで高率の配当を謳う仮想通貨は、ねずみ講のような性質を持っているので、実際に投資を行う場合には、注意が必要です。以下では、このプールーフ・オブ・ステイクについて分かりやすく解説します。エックスピーの特徴について〜まと...

ドージコイン(DOGE)は、2013年12月に公開された仮想通貨の一種です。仮想通貨の代表格であるビットコインのプログラムは、インターネット上でオープンソース(公開)されています。ドージコインは、エンジニアがこのプログラムを基本に、半分冗談で作成した仮想通貨です。以下では、このドージコインについて分かりやすく解説します。ドージコインの特徴について〜まとめ〜ドージコインの特徴についてドージコインの将...

ブラックコイン(BLK)は、仮想通貨の代表格であるビットコインの欠点を改善する目的で開発された仮想通貨です。公開は2014年2月で、通貨単位はBKL、プルーフ・オブ・ステークと呼ばれる当時としては新しいマイニング方式を採用していたことが大きな特徴です。以下では、このブラックコインについて分かりやすく解説します。ブラックコインの特徴について〜まとめ〜ブラックコインの特徴についてブラックコインの将来性...