スポンサードリンク

信頼できるビットコイン取引所「ビットフライヤー」について〜まとめ〜

ビットフライヤーとは

ビットフライヤーとは

日本で最大の取引量を誇るビットコイン取引所がビットフライヤー(参考URL⇒https://bitflyer.jp/ja/)です。

 

ビットコインの国内取引高は2016年1月〜6月期には4,300億年に達し、7月は1月で2,000億円を突破、それぞれ前年同期に比較して約50倍に増加したとされます。

 

この取引のうち、約40%がビットフライヤーを通して行われたと言われています。また、ビットフライヤーは、日本国内で最初に開設されたビットコイン取引所となっています。

ビットフライヤーの特色について

ビットフライヤーで取引を開始するには、ビットフライヤーにアカウントを開設しますが、メールアドレスがあれば、それは可能です。なお、個人情報を登録した場合には、ビットコインに関するより多くの機能が利用できるようになります。

 

また、ビットフライヤーは、最高強度を有する次世代暗号DigiCertを用いたセキュリティシステムを採用していますし、ビットコインの保管は、セキュリティレベルの高いコールド・ウオレットシステムを採用しています

 

さらに、出入金は人が確認するなど、万全のセキュリティシステムを構築しています。コイン送金は10分以内に行われます。そして、その際、面倒なコインアドレスの入力をする必要はありません。

ビットフライヤーが安心・安全な理由について

ビットコイン市場は、現在のところ、それを規制する法律がありません。従って、ビットコインを預けていた取引所が夜逃げして、突然大量のビットコインを失っても、何の保証もなく、泣き寝入りをする他ない、という事態も容易に想定されます。

 

よって、ビットコイン取引所を選択する場合には、注意しなくてはなりません。ビットフライヤーは、日本国内で最初に開設された取引所であり、かつ、取引量が日本一です。

 

出資者についても、三菱UFJキャピタル株式会社、三菱住友海上キャピタル株式会社、株式会社電通デジタル・ホールディングス、株式会社リクルートホールディングス等、そうそうたる顔ぶれが並びます。よって、他の取引所に比較して、信頼感があります。

 

ビットフライヤーは日本企業が運営しているから安心

また、ビットコイン取引所に関しては、日本の企業が運営しているということも重要です。外国企業が運営するビットコイン取引所の場合、その取引所が突然閉鎖され、ホームページを利用停止とされてしまえば、基本的には、どうすることもできません。

 

日本国内に事業所があれば、様々な対策が打てるのですが、運営者が外国人の場合、日本に事業所がない場合がほとんどですから、ホームページへのアクセスを停止されたらおしまいです。その意味でも、国内企業が運営するビットフライヤーがお勧めです。

 

マウントゴックス事件がそのよい例です。(詳細は「ビットコイン史上最悪のマウントゴックス破たん事件」参考)

 

スポンサードリンク