スポンサードリンク

HDACのICOは、ビットコインのリリースが分かればよく分かる

HDACのICOは、ビットコインのリリースが分かればよく分かる

ビットコインの創設期の保有者は、リリース後のビットコインの高騰で、莫大な利益を上げたと言われています。

 

ビットコインの創設期には、ICOという言葉はありませんでしたが、ビットコインの創設期の保有者が設けた仕組みは、ICO投資で儲ける仕組みとほぼ同じです。

 

従って、今、韓国ICOの超目玉となっているHADCも、ビットコインのリリースが分かれば、よく理解できます。

 

国ICOの超目玉ヒュンダイDAC(HDAC)について

韓国では、最近、有名財閥のヒュンダイグループが開発した仮想通貨、HDACのプレセール(公開前販売)が行われ、約120億円相当の資金を獲得しました。

 

現在のICOは、政府の規制に阻まれて、開発した仮想通貨を取引所に公開せずに、コミュニティー内の独自のトークンとする、小規模化したものが多くなっています。

 

一方、HDACは、開発元のヒュンダイグループが、自社でHDACの公開のために、取引所を開設しますので、100%公開される、正真正銘のICOとなります。

 

新規に開発された仮想通貨が、限定されたコミュニティー内で流通しない場合には、その仮想通貨(独自トークン)が、高騰することはあり得ません。

 

しかし、取引所で公開された場合には、ビットコインのように相場が高騰すれば、HDAC投資を行った者は、莫大な利益を上げることができます。

 

そのため、本当に取引所に公開されるICOは、危険も高いが、一獲千金のチャンスもあります

HDACが目指すものとはどんなものか

HDACが目指す者は、ビットコインをブロックチェーン1.0、イサーリアムをブロックチェーン2.0とすれば、第三世代であるブロックチェーン3.0を代表するコインです。

 

HDACは、プレセールだけで120億円を集めましたが、このことは、HDACに対する投資家の熱い関心を示しています。

 

HDACが、ブロックチェーン3.0を代表するコインとなるとすれば、ビットコインのように、取引所に公開後に、高い値段が付くでしょう。

 

そうすれば、開発元のヒュンダイグループや、プレセール期間にHDACを購入した投資家は、莫大な利益を上げることができるでしょう。

ビットコインの創業者は莫大な利益を上げた

仮想通貨の元祖であるビットコインも、創設者グループが事業資金の獲得を目的としていない点で、ICOとはいえませんが、基本的には、ICOと同じです。

 

噂では、ビットコインの創設者である「ナカモトサトシ」がビットコインで獲得した利益は1,000億円に上ると言われています。

 

同じく、ビットコインの創設期にビットコインを保有していた者は、莫大な利益を上げたと言われています。

 

創設当初は、何の価値もなかったビットコインが、その数年後には、1BTCが50万円を超えるほどに高騰しましたから、初期保有者が莫大な利益を上げたことは確実です。

 

ビットコインは、創設期には、本当に無価値で、2009年に行われた世界初の取引は、1万BTCでピザ1枚ですから、ピザの価格を500円とすると、1BTC=0.05円です。

 

0.05円とは、ビットコインのデータを存在させるための電気料金ぐらいといったところでしょうか。それが、約8年後には、一時ではありますが、1BTC=50万円を超えるまでに高騰しています。

 

数字で見ると、約8年間の間に、ビットコインは、50万円/0.05円=1,000万倍になりました。

HDACは、韓国有名財閥ヒュンダイが背後にあるので安心

HDACは、プレセールの価額が、ビットコインほど安くはないので、仮に高騰した場合でも、ビットコインほど莫大な利益を上げることはないでしょう。

 

しかし、HDACが、公開後、その相場が高騰した場合には、公開前の保有者は、ビットコインほどではないにしても、相当な利益を上げることは確実です。

 

ここで肝心な点は、HDACが、プレセール時点での宣伝のとおり、公開後、爆発的に値段を上げるかという点です。

 

1つ確実なことは、HDACは、韓国の有名財閥ヒュンダイグループが背後にある点です。

 

ICOで最も警戒しなくてはならないことは、公開後に、市場から全く評価されず、値段がほとんど付かないことです。

 

新規発行される仮想通貨に、全く特徴がない場合には、既存の仮想通貨で飽和状態の仮想通貨市場では、全く評価されずに、買い手がつかず、値段はほぼ0円となります。

 

また、仮に優れた特徴を有する仮想通貨でも、発行元の企業の知名度が低かったりすると、内容が良くても市場からの信頼が得られず、同じ結果になります。

 

この点、HDACは、有名財閥のヒュンダイが背後にあり、コインの内容もブロックチェーン3.0を目指し、韓国で特許も取得しているので、十分です。

 

公開後、HDACに値段が全くつかないということはないでしょう。最悪の場合でも、そこそこの値段は付くでしょうから、投資家はそこそこの利益を上げることができるでしょう。

HDACの成功は、公開後のHDACの成長にかかっている

HDACのプレセール時点での宣伝のとおりに、HDACが、ビットコインとまではいかなくても、イサーリアムやリップルと比肩しうるメジャーなコインに成長したとします。

 

2017年日6月時点で、イサーリアムは時価総額が2兆3,500億円、1ETH=約2,550円、リップルが時価総額1兆4,300億円、1XRP=約37円です。
(詳細は⇒https://bitflyer.jp/ja/ethereum

 

イサーリアムにせよ、リップルにせよ、開発当初は、その価値は、ほとんど0円に近かったはずです。その後、ビットコインほどではないにしても、これらのコインは、それなりの成功を収めています。

 

従って、リリース後、価値を急上昇させ、公開前にコインを保有していた者は、多額な利益を上げていたはずです。

 

ビットコイン、イサーリアム、リップルなどのリリース期には、ICOという言葉がありませんでしたから、これらの成功のことをICO投資の成功とは言いません。

 

しかし、ビットコインやイサーリアム、リップルの公開前からの保有者が上げた莫大な利益は、現在でいいICO投資で上げた利益とほとんど同じ性質のものと言えます。

 

話をHDACに戻すと、HDACの成功は、ひとえに、公開後に、HDACが、イサーリアムやリップルのようなメジャーなコインに成長するかどうかにかかっていると言えます。

HDACは、リリース後、急騰するか

HDAC投資を勧誘する者の中には、HDACは公開後、価格が急騰し、プレセール期間にHDACを購入していけば、多額の利益が手に入る、という方もいらっしゃいます。

 

しかし、仮想通貨の草創期とは異なり、現在、仮想通貨市場は飽和状態にあります。ビットコインの他にも、イサーリアムや、リップル、ネム等、優秀な仮想通貨は多数あります。

 

その中で、新規にリリースされたHDACが、多くのユーザーの支持を獲得して、急騰するには、よほどのメリットがないと難しいでしょう。

 

HDACは、ブロックチェーン3.0を標榜していますが、ブロックチェーン3.0はまだまだ開発中であり、実用化されるまでには、まだまだ時間がかかるでしょう。

 

従って、HDACがリリース後急騰する可能性は、ないとは言えませんが、そんなに高くはないと思います。

 

HDACは、有名財閥がバックにあるので、プレセールで買ったコインが、価格が0になって、ただの電子の暗号になる確率は、低いでしょう。

 

しかし、既存の大企業であるから、仮想通貨業過に進出して、必ず成功するとは限りません。

 

HDACが、リリース後必ず高騰し、今から買っておけば大儲けができるという宣伝は、あまり信じない方がよいでしょう。

 

HDACが標榜するブロックチェーン3.0が実用化されるまでには、恐らく今後数年はかかると思います。

 

その時には、プレセール期間の保有者は多くの利益を上げることができると思いますが、それは数年先の話です。

スポンサードリンク