スポンサードリンク

ビットコインのデータが突然消える理由について〜まとめ〜

ビットコインのデータが消える仕組みについて

ビットコインのデータが消える仕組み

ビットコインは、ビットコイン・ウォレット又はビットコイン取引所に保管されています。

 

そして、利用者がビットコインを引き出したい場合ンは、登録したアカウント(ネットワークやコンピューターを利用する権利)を用いて、ウォレットにアクセスし、必要な手続きを行うことで、ウォレットからビットコインを引き出します。

 

なお、このアカウントは、ほとんどの場合、ユーザー名(又はメールアドレス)とパスワードで構成されています。よって、ハッカーなどに、ユーザー名とパスワードが盗まれた場合、そのハッカーは、利用者のビットコイン・ウォレットにアクセスして、勝手にビットコインを引き出すことができます。

 

よって、コンピューター・ウイルスに感染してアカウントが盗まれた場合には、いつのまにかビットコイン残高が0になっている(ビットコインデータが消える)ことがあり得ます

 

また、ビットコイン取引を行う場合には、利用者の方がご自身で専用ソフトを用いてビットコイン・ウォレットを作成・管理する方法もありますが、ビットコイン取引所にビットコイン口座を設けて取引を行う方法もあります。

 

この場合にも、利用者がビットコイン取引所に登録したパスワードが盗まれた場合、第三者が本人に成りすましてビットコイン取引所にある本人の口座からビットコインを勝手に引き出すことができます

 

さらに、ビットコイン取引所自体がハッカーに襲撃されて、大量のビットコインを引き出されて破たんし、その結果、そのビットコイン取引所に預けていたビットコインを失い場合もあります

ビットコインが消えることを防ぐには

ビットコインがハッカーによって勝手に引き出されることを防ぐには、パスワード等の管理を厳重にして、外部にパスワードが漏れないようにしなくてはなりません

 

また、オンライン上にビットコインを設けているとハッカー被害に遭いやすいので、オンライン上のウォレットに保管するビットコインは取引に必要な最小限度にとどめ、金額の大きいビットコインは、ネットワークに接続していないパソコンや紙媒体に保管する等の対策が必要になります。

 

また、ビットコイン取引所に口座を開設する場合には、その取引所に登録しているパスワードが第三者に盗まれないようにすることはもちろん大切です。

 

そして、それと同時に、ハッカー対策を十分に施している信用のおけるビットコイン取引所を選択して、口座を開設する必要があります。(詳細は記事12「信頼できるビットコイン取引所のビットフライヤーの詳細」)

スポンサードリンク