スポンサードリンク

ビットコインが政府による通貨の独占状態を崩す!?

ビットコインが政府による通貨の独占状態を崩す!?

ビットコインは、お金の発行を中央銀行(政府)が独占するという常識を打ち破りました。

 

ある人は、政府がインフレや国債価格を引き下げることによって、事実上、国民の財産の一部を没収することができるのは、政府が通貨の発行を独占しているからだと言いっています。

 

政府が通貨の発行を独占していれば、紙幣の製造原価である僅か数円で1万円分の財やサービスを手に入れることができる誘惑に負けて、紙幣を印刷するだけで財やサービスを購入し、その結果インフレを起こしやすくなります。

 

また、国債発行によって国民に対して借金をしても、インフレを起こせば、借金の実質的な価値を目減りさせることができます。

 

政府が通貨を独占した上で、インフレを起こせば、ただ同然で物が買えるし、借金が目減りするし、政府にとってはいいことづくめなのです。

 

ビットコインがあると、政府がインフレを起こしにくくなる

しかし、ビットコインのような代替通貨があると、そうはいきません。今までは、政府がインフレーションや国債価額の引き下げることによって、国民の財産の一部没収を行っても、国民は、他にお金がありませんから、黙って我慢するしかありませんでした。

 

でも、現在はビットコインのような代替え通貨がありますので、政府がインフレを起こして国民の財産の一部を没収しようとした場合には、できるだけ通貨をビットコインに変えることで、その影響を最小限にとどめることができます。

 

また、政府も、通貨を独占していれば、インフレを起こすという誘惑を起こしやすくなります。

 

そして、ビットコインのような代替通貨があれば、安易にインフレを起こすと人々が、ビットコインを使ってお金を使わなくなるので、インフレを起こすメリットが少なくなります。その結果、政府が安易にインフレを起こさないようになります。

厳しい競争にさらされるビットコイン

現在までに1,000種類のオルトコイン(仮想通貨)が発行されたと言われています。

 

この1,000種類のうち、約400種類のオルトコインが時価総額がほとんど0円のコインです。(詳細はこちら⇒https://zuuonline.com/archives/96322

 

現在オルトコインとして普及しているのは、ビットコイン、ライトコイン、リップル、イサーリアムといった非常に少数のコインに限定されています。

 

このなかで、ビットコインは、オルトコインの草分け的存在だという特色があります。ライトコインには、コインの発行手続きであるマイニングがビットコインのそれより早くて簡単だという特色があります。

 

リップルは、コインの送金時間がビットコインより非常に短いという特色があります。最後のイサーリアムは、通貨、金、証券等の様々な金融資産の取引を1つのコインで行えるという特色があります。

 

多数のビットコインの中で成功しているのは、際立った特色を持っているコインに限定されています。そういったオルトコインは、特定の分野においては、十分に従来の通貨に匹敵する役割を果たすことができます。

 

オルトコインの世界には厳しい競争原理が働いておりますが、その原理を従来のお金の世界にも導入することで、政府が安易にインフレなどを使って国民の財産没収を防止する役割を果たすことが期できます。

スポンサードリンク