スポンサードリンク

日々変動を続けるビットコインの相場について〜まとめ〜

ビットコインは変動相場制を採用している

ビットコインは変動相場制を採用している

ビットコインは変動相場制を採用しています。ビットコインが変動相場制を採用しているとは、ビットコインの通貨価値が市場取引によって定まるため、毎日ビットコインの価値(対円レート)が変わることを意味します。

 

例えば、1016年11月21日午前7時のレートは、1BTC(BTCはビットコインの単位)=80,921円でしたが、同年11月23日の午後6時のレートは、1BTC=84,403円、同じく同年11月28日のレートは、1BTC=84,310円となっています。

ビットコイン相場は、インターネット上のサイトから確認する

ビットコインの通貨価値は日々変わるので、ビットコインを決済手段として使ったり、ビットコインに対する投資を行うには、ビットコイン相場に目を光らせていなくてはなりません。

 

ビットコイン相場の値動きは、インターネット上に複数のサイトが公開していますから、それらのサイトから値動きを確認することができます。

 

なお、日本円の場合には、例えば、日本円と米国ドルを交換する金融機関によって取引レートが異なることはありませんが、ビットコインの場合には、ビットコイン取引所ごとにレートが異なるので注意が必要です。

 

よって、ビットコインを決済に使用する場合には、自分がビットコインを預けている取引所がインターネット上に公開しているビットコイン相場を確認する必要があります

 

一方、ビットコイン投資を行うためにビットコイン相場全体の動きを把握する場合には、主要な取引所のビットコイン相場を一括して公開しているサイトから、ビットコイン相場を確認するのが便利です。

現在(2017年8月)、ビットコイン相場は上昇基調にある

市場全体で考えると、ビットコイン相場は、度々暴落を起こしますが、全体としては上昇基調にあります。

 

相場が上昇基調にあるということは、例えば、1年前に100BTCで金が50s買えたけれども、今日は、100BTCで金が55s買えるというように、ビットコイン所有者に非常に好ましい状況をもたらします。

 

投資の基本は安く買って高く売るですが、相場が上昇傾向だと、今ビットコインを購入しておけば、将来より高い値がついた時に買い戻して利益を得る可能性が高くなります。

 

決済手段として利用するにせよ、投資を行うにせよ、相場が上昇基調であるということは、ビットコイン所有者によっては、非常に良い状況となります。

 

また、将来的にビットコインの利用を検討されている方にとっても、相場が上昇基調にあるときは、ビットコインの導入に踏み切るには非常に良い機会となります。

スポンサードリンク